補助金キラーサイト ものづくり補助金情報中心(センター)

経営発達支援計画 アドバイス15 民間企業の知恵に学べ!


***経営発達支援計画 アドバイス15 民間企業の知恵に学べ!***

経営発達支援計画において、今回のミッションは採択を受けることではありません!

とショッキングな言葉で始まりましたが、内容もそのまま過激です・・・が納得して貰えると思います。

まず、背景は一回目の発表で、採択されたのは良いが、出来そうにない目標を羅列しているところが散見されるというこおtです。

例えば同一地域(しかも地方で)で経営革新認定目標年3件以上など過去の当社経験より無理です。

次回は採択のボリュームゾーンであることに加えて、真剣に考えてくれば、いずれは全てを認める姿勢を国は打ち出しています。(これはそうあるべきだと思います。)

こういう反論があるかもしれません。これは、単会の理事会を通し認められたものだ!

それはそうですが、出来なかった時の未達成の責任はどこに行くのでしょうか?

私は自分の関与する単会で、この経営発達支援計画について、いろんな場で、その主旨を分かりやすい言葉で、解説していますが、その意図を理解して貰うところまでは至っていません。(説明回数はもう5回くらいになります。)

意味が分かっていないということです。これは、どの地域でも同じです。本来が分かりにくいものなのです。

それ程、この経営発達支援計画という言葉が分かりにくいのかもしれません。
(ダイレクトに「商工会(会議所)強化計画」方が良かった。)

ここら辺りが官僚の世情知らずです。

よって、ことが、紛糾してからマンション建設、マイナンバーなど全て同じ要因の任せてしまったための「そんなことになってたんですか?知りませんでした」で終わるだけです。

何が言いたいかというと計画を作る人は自分の身は自分で守らねばならないということです。

ここで、ちょっと視点を変えて、民間企業の知恵という話をします。

「化粧品・健康商材」通販の際のリーガルマーケテイングの話をします。

 

これらの業種は消費者がぐっとくる宣伝文句を考案するという1方向のパワーのかけ方だけではダメで、いわゆる表示法関連の法律の枠内を守るというところにも注意せねばなりません。

そこで、○のところ、最大の宣伝効果で法律順守のぎりぎりの線を研究して狙って来ます。
これがリーガルマーケテイングと呼ばれるものです。

今回は、この考えを当てはめると、右の通り申請書コンテンツを上げて適正目標に近い線で採択されると言う線を狙うと言うことです。
(多少は、目標努力値も入れるべきだということで採択ラインの左側は空けてあります。)

名付けるならば、「2フアクターシンキング」としましょうか?

これは、一般企業の方も肝に銘じるべきで、ものづくり補助金に採用されるならいくら費用かけても良いというのは明らかに錯覚であり、間違った考えです。

1000万補助金で、10%の成功報酬で100万、では、この100万を営業利益で稼ぐのにらくらく稼げる状況なのでしょうか?

ということで以下の商品は、採択された単会の良い知恵だけをコンテンツアップのためにまとめています。

  

***当社関連最新サービス***

 

・経営発達支援計画申請の7つの視点(有料マニュアル)

      

マニュアル「経営発達支援計画申請の7つの視点」

定価 5,000円(限定20部)

内容 PDF25ページ ・推測される評価手順 ・推測される評価箇所 ・あるべき全体スキーム ・工夫できる箇所
・申請採択の鉄則 ・参考とすべき採択事例・書き方の骨組み

以下、イメージを参考にしてください。

YOU TUBE動画解説リンクシステムです。

問い合わせはここ

/dom/nishi/inquiry.html fid=10149135

 

  

 

 

    

 

・経営発達支援計画申請のブラッシュアップ(添削)サービス20,000円(限定5件)
独自の評価システムにより事前評価して、ブラッシュアップポイントをアドバイスします。

  

こちらの問い合わせコーナーは今後作ります。基本的にマニュアル購入者限定にさせていただきます。

フアンな方は商品イメージの無料ダウンロードが出来ます。

ここ /dom/nishi/doc.html contents_cd=10149134

 

***出揃った2016年の補助金申請ノウハウマニュアル***

早めの準備が他を制す!

省エネ促進補助金関連

コラム
H27 総括1  (動画付きになります)

無料ツール  「製造業から見たものづくり補助金と省エネ促進補助金の比較」

有料ツール 11月27日発売

「H27年総括&H28年対応 省エネ促進補助金アドバイスマニュアル」

7,500円 100部限定


ものづくり補助金関連

コラム  H27 総括1  総括2 (動画付きになります)

無料ツール
「アドバイスマニュアル」から以下の抜粋要約」
有料ツール「H27年総括&H28年対応 ものづくり補助金アドバイスマニュアル」

  5,000円 100部限定

創業補助金関連

コラム H27 総括1 総括2 (動画付きになります)

無料ツール   「創業志望者が解けないといけないクイズ」
有料ツール
「H27年総括&H28年対応 創業促進補助金アドバイスマニュアル」

  5,000円 100部限定

持続化補助金関連

コラム 総括1   (動画付きになります)

無料ツール

「連続でも狙うべき事業所パターン/100万増枠コースで一考」

 

下のリンクは「経営発達支援計画」の有料資料です。

有料ツール 11月19日発売予約化

「H27年総括&H28年対応 持続化補助金アドバイスマニュアル」

5,000円 100部限定

下のリンクは経営発達支援計画の有料マニュアル分です!


MENU

会社概要

ものづくり補助金情報中心(センター)
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403