補助金キラーサイト 西河経営・労務管理事務所

社長のインタビューシリーズ 株式会社 エール


社長のインタビューシリーズ 株式会社 エール

 

株式会社 エールは2006年に真鍋聖司氏が、京都府大山崎町で、創業したフアンシーグッズ・雑貨専門の卸売業である。

取引先はイオングループを始めとする全国大型スーパーである。

これらの商品群を多種取り扱っていたが、利益率が低下傾向にあり、2010年に自転車のサドルに被せる「チャリCAP」を開発し、販売を開始した。

図のようにデザイン性豊かな商品であり、価格的にも中価格路線を狙ったものである。

製造は台湾の協力工場を使っており、デザインについては、消費者へのアンケート方式によりきめ細やかな対応をしている。

利益率は既存商材の2倍あり真鍋氏はこの商材を自社の主力良品と位置付けて、推進し、現在では月1,000万円を超えるヒット商品に育てている。

 

既存商品の利益率と売上は、想定していた以上に落ち込み、見事に経営革新の絵にはまった形であるが、真鍋氏は現在、2つの課題を感じている。

 

・主力商品は確立したと言えども、自社販売場所を持たねばイニシアテイブを取りにくい。

まずはアンテナショップをと考えているが投資リスクを伴う。

チャリCAPは自社サイトにて販売しているが、卸での売り上げ比べるとまだまだウエイトは低い。

・台湾は協力工場であり、更に原価を抑えるためには、現地工場を持つなど海外直接投資の必要があり、これも同様に投資リスクを伴う。

真鍋氏は中国にも仕入れ先を持つなど東南アジアに視野を広げている。

 

このような悩みは我が国の卸売業すべてが抱えている問題ではないだろうかと思う時、株式会社 エールの今後の成功は卸売業のビジネスモデル化になりえる事例である。

 

真鍋さんのエールのSiteはここ http://ailejpn.com/company.html

 

***当社関連サービス***

 

好評発売中です。

経営革新申請パック 定価 5,000円 300部限定販売

 

今般、新ものづくり補助金の申請の条件に、経営革新法準拠の条件が付け加えられました。

これは、ものづくり高度化法に当てはまらないような企業に配慮しての施策だと思います。

はっきりと言ってコンサルタントの目からみるとこちらの条件の方が申請書の書き方の難易度は上になります。

付加価値年3%以上、経常利益率年率1%以上という計画数値の伸びはどの会社も書けます。

問題は、その経営革新の中身です。

 

そこで、そのポイントを理解していただくべき以下の商材を、開発いたしました。

内容は、ポイント10に、添付資料につけるべくテンプレートを3種、加えて経営革新法に挑戦する場合は審査会と言う面接がありますのでその対応集もセットにしました。

 

***出揃った2016年の補助金申請ノウハウマニュアル***

早めの準備が他を制す!

省エネ促進補助金関連

コラム
H27 総括1  (動画付きになります)

無料ツール  「製造業から見たものづくり補助金と省エネ促進補助金の比較」

有料ツール 11月27日発売

「H27年総括&H28年対応 省エネ促進補助金アドバイスマニュアル」

7,500円 100部限定


ものづくり補助金関連

コラム  H27 総括1  総括2 (動画付きになります)

無料ツール
「アドバイスマニュアル」から以下の抜粋要約」
有料ツール「H27年総括&H28年対応 ものづくり補助金アドバイスマニュアル」

  5,000円 100部限定

創業補助金関連

コラム H27 総括1 総括2 (動画付きになります)

無料ツール   「創業志望者が解けないといけないクイズ」
有料ツール
「H27年総括&H28年対応 創業促進補助金アドバイスマニュアル」

  5,000円 100部限定

持続化補助金関連

コラム 総括1   (動画付きになります)

無料ツール

「連続でも狙うべき事業所パターン/100万増枠コースで一考」

有料ツール 11月19日発売予約化

「H27年総括&H28年対応 持続化補助金アドバイスマニュアル」

5,000円 100部限定

下のリンクは経営革新申請パックの有料マニュアル分です!


MENU

会社概要

西河経営・労務管理事務所
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403