補助金キラーサイト 西河経営・労務管理事務所

中小企業のためのやさしい海外進出講座  5−3−2 貿易型 金融取引


中小企業のためのやさしい海外進出講座

5−3−2 貿易型 金融取引

まずは動画をご覧ください。

 

 

 

 

<<MEMO>>
 

 

 

***解説 5−3−2 貿易型 金融取引***

動画では、後半の貿易での金融取引の視点を中心に解説しています。

 

貿易の契約書の視点

取引のスタートに基本契約書を交わすのが通例です。

貿易の契約書は輸出側・輸入側どちらがつくるという取り決めはありませんが、自社で作る方がイニシアチブを握りやすいということです。

以下、ポイントとなるところを解説します。
●通常、紛争などが起こりイレギュラーが発生した場合は、その紛争の起こった国が、責任を負うべきである。
●上記に関して、船の上でのイレギュラー事項は、特に取り決めはない。力関係であろう。
●輸出者側が責任を持つべきこととして、工業所有権などの知的所有権を損害していないという点である。
販売後の製造物責任も基本的には同じであるが、これについては、販売者(輸入者)側も保険をかけている場合が多い。
●貿易成立後の市場での価格の変動については、逆に輸入者側が責を追うべきものである。
●係争ごとが起こった場合の仲裁機関を決めておくべきである。
取引の有利性から見ると時刻仲裁機関に引き込むのがベターであるが、公平性から見て、国際商事仲裁機関が妥当でしょう!

貿易での金融取引の視点
輸出者が始めて取引するときに一番神経質になるのは輸出者の信用です。
ここで、金融機関が準主役として登場して、与信の手伝いをして、輸出者の審査をします。
それが信用状の開設であり、当方の取引銀行から先方の取引銀行へ依頼を回してもらいますが、その結果、信用状開設にまでは至らない場合もあります。
信用状開設ということは実質融資と同じことであって、荷為替手形が届いたときに、輸入者側の銀行が相手側に払うという約束するものです。
 

次に為替手形が絡む場合がある。
信用状なしで為替手形の場合は不渡りの危険性はあります。
よって、信用状を発行が発行されているか分かれ目になります。

今回は輸入者側の信用という視点で解説しましたが、総括として、貿易は金融機関の介在が不可欠であり、しかも、与信を受ける企業側から見るとかなり窮屈に作ってあります。(輸出者であっても)貿易量の拡大時には、増加運転資金が発生しますので、日頃より金融機関と関係を密にして、貿易と言う形にとらわれず企業活働の運転資金として前もって余裕資金を借り入れられるように努力するのが正解です。

「貿易会社」とだけ金融機関に見られない努力が必要です。

今回内容は、下の拙著「それでも、小売業は中国市場で稼ぎなさい」158P〜159P、174P〜187Pに特に詳細に解説しています。

***出版情報***

  

 

今回講義内容を網羅した「それでも、小売業は中国市場で稼ぎなさい」AMZONで発売中

キンドル版 電子出版 734円 単行本 1,512円 税込み価格

是非ご購入下さい!    

***最近情報***

ハラール食品関連の記事掲載は予定分は終わりました。
食関係で海外も見据えて事業展開している事業経営者(女性)へのハラ―ル市場の拡大の可能性のインタビューを行い、補助金キラーサイトの方で動画掲載しました。森本社長の収録分です。

その後、3月頃にマニュアルブックを発売します。

***NEWS***

ものづくり補助金の実績として、特徴的な事例は北海道1件 再挑戦で当社マニュアル活用で採択されました茨城県1件 再挑戦で当社マニュアル活用で採択されました東京都1件 締め切り一日前に当社マニュアルとアドバイスで見事採択されました。静岡県1件 三重県2件 岐阜県1件、京都府3件(内2件は再挑戦で採択されました。)

新ものづくり補助金実績として

 

茨城県で連年獲得者が出ました。(メールブラッシュアップコース)セミナー来場→マニュアル活用で京都、東京で採択者が確認できています。メールブラッシュアップ先で岐阜県、茨城県、京都府で採択が確認されています。マニュアル活用で、兵庫、愛知で採択が確認できています。その他は現在、つき合わせ中ですがその作業に時間がかかっています。(マニュアル活用は全国にまたがっておりますので)

再集計結果は、連続採択先3社、メールブラッシュアップ先4社(うち革新的サービスコース3社)でした。

***最新商材情報***

10月6日(月)有料レポート「2015年対応 ものづくり補助金の傾向と対策 

総合版」を発行しました。


2013年から始まったこの補助金制度の全てがここに!


PDFフアイル 67P 


電子データとして送付します!

内容は


2013年より始まったものづくり補助金の総括

採択企業、不採択企業の類型化

連続採択を狙う企業、不採択再挑戦企業の戦略

・補助金申請での法則

当社発行の記入事例マニュアル(コース別)

・秋以降の中小企業の戦略

来年度、補助金等の概説

一般販売価格5,000円


 
67ページの大増筆になっております。

 


現段階で来援大型補正予算による、今年同様の補助金公募があるかどうかは未定です。

   

うどん屋さん個人企業が戦略性と経営革新の考え方で新ものづくり補助金最終で採択されました!

革新的サービスも採択実績があります!

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき有り難うございます!

 

***出揃った2016年の補助金申請ノウハウマニュアル***

早めの準備が他を制す!

省エネ促進補助金関連

コラム
H27 総括1  (動画付きになります)

無料ツール  「製造業から見たものづくり補助金と省エネ促進補助金の比較」

有料ツール 11月27日発売

「H27年総括&H28年対応 省エネ促進補助金アドバイスマニュアル」

7,500円 100部限定


ものづくり補助金関連

コラム  H27 総括1  総括2 (動画付きになります)

無料ツール
「アドバイスマニュアル」から以下の抜粋要約」
有料ツール「H27年総括&H28年対応 ものづくり補助金アドバイスマニュアル」

  5,000円 100部限定

創業補助金関連

コラム H27 総括1 総括2 (動画付きになります)

無料ツール   「創業志望者が解けないといけないクイズ」
有料ツール
「H27年総括&H28年対応 創業促進補助金アドバイスマニュアル」

  5,000円 100部限定

持続化補助金関連

コラム 総括1   (動画付きになります)

無料ツール

「連続でも狙うべき事業所パターン/100万増枠コースで一考」

有料ツール 11月19日発売予約化

「H27年総括&H28年対応 持続化補助金アドバイスマニュアル」

5,000円 100部限定

下のリンクはものづくり補助金の有料マニュアル分です!


MENU

会社概要

西河経営・労務管理事務所
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403