補助金キラーサイト ものづくり補助金情報中心(センター)

中小企業のためのやさしい海外進出講座  5−1 進出類型別 インバウンド型


中小企業のためのやさしい海外進出講座

5−1 進出類型別 インバウンド型

まずは動画をご覧ください。

 

 

 

<<MEMO>>
 

 

 

***解説***

●商店街

外国人誘致のための商店街活性化のアイデアを以下に上げます。 

・外国語表示板、JAPANブランドを感じさせる商品構成

・決済機能の整備(中国人向けは銀聯カードシステムの取り入れ)

・ホスピタリテイーおもてなし精神(基本的な接遇外国語の学習)

・アクセスへの努力ー旅行者へのアプローチ

・アメニテイの工夫(旅行中に憩える休憩空間の設置など)

まず、集客に必要なのは旅行者への売り込みであり、これなくしては、初期の外国人のアクセスは難しいでしょう?

次に是非とも考えて欲しいのは、来店誘致投資で、インフラを整備することです。

外国人用商店街マップの作成なども考えましょう。

こられの投資を無しに、商店街に来て、お金を使って欲しいのと言うのは、ちょっと無理があります。意識を変えましょう!


●伝統工芸

日本の歴史や、工芸に興味を持ち、製作現場や、作品を見たいと言う外国人は多い。
日本観光目的は観光地巡りから確実に文化体験にシフトしています。これは今後も大きな流れになります。

それらの、外国人は富裕層が多く、まさに、日本人以上に日本の歴史を調べています。
実際に、ツアーの途中で、伝統系芸の作業場やギャラリー、伝統産業展示会を見に行くケースも出てきています。


ここは、「魅せる」ということに加えて、高額商品を売ると言う体制整備をすべきです。



それには、
・外国語による、商品の説明、保存法、使用法、値段表示
・商品の説明から販売までの最低限の接遇
・デザインの工夫(柄に外国人の好む和風ワンポイントを入れるなど)
の整備が必要になります。
また、高額商品の売買には決済方法を工夫する必要があります。



なぜこのような提言をするかというと、伝統産業は今、極端な売上げの不況にさらされているのです。
是非、外国人に売ると言うことを突破口にして欲しいものです。

では、ここで、一番下の当社宣伝欄の新ものづくり採択実績をご覧ください。

昨年、このコンセプトで大阪のうどんやさんを支援しましたところ新ものづくり補助金を獲得できました。

このコンセプトは国や地方自治体も推します。

 

 

今回内容は、下の拙著「それでも、小売業は中国市場で稼ぎなさい」168P〜173Pに詳細解説しています。

 

 


今後の講義は

1.中小企業の海外進出の現状

2.海外進出時の商品設計

3.海外進出時の施策活用 

        施策活用展示会  

4.海外進出時のF/S調査 

        模倣品対策  

5.海外進出時の類型別進出アドバイス

6.海外取引でよく起こる問題点

7.海外進出時の組織論、金融

8.東南アジア進出の新戦略です。

ハラール食品での進出も有効な手法ですので、ハラールシリーズも合わせ閲覧ください。



本シリーズは1月順次アップします。こうご期待下さい。

***出版情報***

  

 

今回講義内容を網羅した「それでも、小売業は中国市場で稼ぎなさい」AMZONで発売中

キンドル版 電子出版 734円 単行本 1,512円 税込み価格

是非ご購入下さい!    

***最近情報***

ハラール食品関連の記事掲載は予定分は終わりました。
食関係で海外も見据えて事業展開している事業経営者(女性)へのハラ―ル市場の拡大の可能性のインタビューを行い、補助金キラーサイトの方で動画掲載しました。森本社長の収録分です。

その後、3月頃にマニュアルブックを発売します。

***NEWS***

ものづくり補助金の実績として、特徴的な事例は北海道1件 再挑戦で当社マニュアル活用で採択されました茨城県1件 再挑戦で当社マニュアル活用で採択されました東京都1件 締め切り一日前に当社マニュアルとアドバイスで見事採択されました。静岡県1件 三重県2件 岐阜県1件、京都府3件(内2件は再挑戦で採択されました。)

新ものづくり補助金実績として

 

茨城県で連年獲得者が出ました。(メールブラッシュアップコース)セミナー来場→マニュアル活用で京都、東京で採択者が確認できています。メールブラッシュアップ先で岐阜県、茨城県、京都府で採択が確認されています。マニュアル活用で、兵庫、愛知で採択が確認できています。その他は現在、つき合わせ中ですがその作業に時間がかかっています。(マニュアル活用は全国にまたがっておりますので)

再集計結果は、連続採択先3社、メールブラッシュアップ先4社(うち革新的サービスコース3社)でした。

***最新商材情報***

10月6日(月)有料レポート「2015年対応 ものづくり補助金の傾向と対策 

総合版」を発行しました。


2013年から始まったこの補助金制度の全てがここに!


PDFフアイル 67P 


電子データとして送付します!

内容は


2013年より始まったものづくり補助金の総括

採択企業、不採択企業の類型化

連続採択を狙う企業、不採択再挑戦企業の戦略

・補助金申請での法則

当社発行の記入事例マニュアル(コース別)

・秋以降の中小企業の戦略

来年度、補助金等の概説

一般販売価格5,000円


 
67ページの大増筆になっております。

 


現段階で来援大型補正予算による、今年同様の補助金公募があるかどうかは未定です。

   

うどん屋さん個人企業が戦略性と経営革新の考え方で新ものづくり補助金最終で採択されました!

革新的サービスも採択実績があります!

 

 

 

 

 

 

***出揃った2016年の補助金申請ノウハウマニュアル***

早めの準備が他を制す!

省エネ促進補助金関連

コラム
H27 総括1  (動画付きになります)

無料ツール  「製造業から見たものづくり補助金と省エネ促進補助金の比較」

有料ツール 11月27日発売

「H27年総括&H28年対応 省エネ促進補助金アドバイスマニュアル」

7,500円 100部限定


ものづくり補助金関連

コラム  H27 総括1  総括2 (動画付きになります)

無料ツール
「アドバイスマニュアル」から以下の抜粋要約」
有料ツール「H27年総括&H28年対応 ものづくり補助金アドバイスマニュアル」

  5,000円 100部限定

創業補助金関連

コラム H27 総括1 総括2 (動画付きになります)

無料ツール   「創業志望者が解けないといけないクイズ」
有料ツール
「H27年総括&H28年対応 創業促進補助金アドバイスマニュアル」

  5,000円 100部限定

持続化補助金関連

コラム 総括1   (動画付きになります)

無料ツール

「連続でも狙うべき事業所パターン/100万増枠コースで一考」

有料ツール 11月19日発売予約化

「H27年総括&H28年対応 持続化補助金アドバイスマニュアル」

5,000円 100部限定

下のリンクはものづくり補助金の有料マニュアル分です!

最後までお読みいただき有り難うございます!


MENU

会社概要

ものづくり補助金情報中心(センター)
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403