補助金キラーサイト 西河経営・労務管理事務所

中小企業のためのやさしい海外進出講座 2 海外進出時の商品設計


中小企業のためのやさしい海外進出講座

2 海外進出時の商品設計

まずは動画をご覧ください。

 

 

 

<<MEMO>>

 

***解説***

(1)キーワード「インターナショナル」かつ「コンテンポラリー」
何でも「日本調」のものを持って行けば良いといのは誤った考えで、海外での生活の中に純正和風の調度品を置いても浮いてしまいます。
対象マーケットをニューリッチ層とすると、よく売れるのは、まず、「インターナショナル」か「コンテンポラリー」な商品で、特に家具やインテリア・生活雑貨を売る場合はこのフアクターに注意すべきです。
コンテンポラリー(Contemporary)とは、「同時代の、現代の」とななります。
これは、「生活に夢を与える」というような意味合いを含みます。
生活に夢を与えるという言葉の通り、色使いやデザインにおいても、少し、華やかさとかわいさがあるグッズです。日本を始め経済の成熟期に入った先進諸国の人が好むような、機能美を強調して、POPさをそぎ落としたイメージとは少し違います。
我が国でも経済成長期はテレビ番組で見るアメリカのフアミリーの生活シーンに憧れ、正にこの「インターナショナル」「コンテンポラリー」のテイストのものが売れたのでです。結果、インターナショナルまたは、コンテンポラリーに通じるデザインに和風を融合したものあるいは、和風をワンポイントしたものとなります。

要素の中ではこれが分かっていない方が多く、国際的なインテリア展や、クラフト展などで感覚を磨くべきましょう。そういう努力をすれば、理解するのに時間のかかることではありません。

(2)キーワード「Simple」かつ「メイドイン Japan」
海外、特に東南アジアの人が憧れるのが、「Made in  JAPAN」の高品質性です。
中国人は、高い値段をそのブランド価値の証明と考える傾向があります。
これは高性能であり、多機能ではありませんので注意してください。
逆に、日本製のむやみに機能が多い、電化製品は発展途上国で嫌われました。
「ごはんが、美味しくたける炊飯器」「音質が非常にいいヘッドフオーン」など、極論すれば、機能は一つで良いのです。
この高性能に信頼性があるというのは、技術の問題もあるが、日本人の労働者はまじめだというイメージが背景にあります。

(3)キーワード「安全性」
そこで、第3のキーワードは「安全性」です。
その代表格が食でジャパンフーズはどこでも人気です。
そのブランドだけを活用して韓国系、台湾系までもが飲食経営をしています。

この3つの要素を総合して何が言えるかと言うと、商品設計上、原価がかかることになり、高くても購入して貰える商品設計が必須です。

今回のまとめとして、中小企業経営者の方は
・現在の商品ラインで中国のニューリッチ層の嗜好に合いそうなものがあるかどうか?
・その商品には、中国人に訴える付加価値を持ち、値幅の取れる商品であるか?
・今のままでは合わないが、素材を生かしデザイン等の工夫の余地はないか?
を考えてみるということになります。

 


今後の講義は

1.中小企業の海外進出の現状

2.海外進出時の商品設計(今回UP)

3.海外進出時の施策活用 

4.海外進出時のF/S調査

5.海外進出時の類型別進出アドバイス

6.メイドインジャパンか現地調達か

7.海外進出時の組織論、金融

8.東南アジア進出の新戦略です。

ハラール食品での進出も有効な手法ですので、ハラールシリーズも合わせ閲覧ください。



本シリーズは1月順次アップします。こうご期待下さい。

***出版情報***

  

 

今回講義内容を網羅した「それでも、小売業は中国市場で稼ぎなさい」AMZONで発売中

キンドル版 電子出版 734円 単行本 1,512円 税込み価格

是非AMAZONにてご購入下さい!    

***最近情報***

ハラール食品関連の記事掲載は予定分は終わりました。
食関係で海外も見据えて事業展開している事業経営者(女性)へのハラ―ル市場の拡大の可能性のインタビューを行い、補助金キラーサイトの方で動画掲載しました。森本社長の収録分です。

その後、3月頃にマニュアルブックを発売します。

***NEWS***

ものづくり補助金の実績として、特徴的な事例は北海道1件 再挑戦で当社マニュアル活用で採択されました茨城県1件 再挑戦で当社マニュアル活用で採択されました東京都1件 締め切り一日前に当社マニュアルとアドバイスで見事採択されました。静岡県1件 三重県2件 岐阜県1件、京都府3件(内2件は再挑戦で採択されました。)

新ものづくり補助金実績として

 

茨城県で連年獲得者が出ました。(メールブラッシュアップコース)セミナー来場→マニュアル活用で京都、東京で採択者が確認できています。メールブラッシュアップ先で岐阜県、茨城県、京都府で採択が確認されています。マニュアル活用で、兵庫、愛知で採択が確認できています。その他は現在、つき合わせ中ですがその作業に時間がかかっています。(マニュアル活用は全国にまたがっておりますので)

再集計結果は、連続採択先3社、メールブラッシュアップ先4社(うち革新的サービスコース3社)でした。

***最新商材情報***

10月6日(月)有料レポート「2015年対応 ものづくり補助金の傾向と対策 

総合版」を発行しました。


2013年から始まったこの補助金制度の全てがここに!


PDFフアイル 67P 


電子データとして送付します!

内容は


2013年より始まったものづくり補助金の総括

採択企業、不採択企業の類型化

連続採択を狙う企業、不採択再挑戦企業の戦略

・補助金申請での法則

当社発行の記入事例マニュアル(コース別)

・秋以降の中小企業の戦略

来年度、補助金等の概説

一般販売価格5,000円


 
67ページの大増筆になっております。

 


現段階で来援大型補正予算による、今年同様の補助金公募があるかどうかは未定です。

  

うどん屋さん個人企業が戦略性と経営革新の考え方で新ものづくり補助金最終で採択されました!

革新的サービスも採択実績があります!

 

 

 

 

 

 

***出揃った2016年の補助金申請ノウハウマニュアル***

早めの準備が他を制す!

省エネ促進補助金関連

コラム
H27 総括1  (動画付きになります)

無料ツール  「製造業から見たものづくり補助金と省エネ促進補助金の比較」

有料ツール 11月27日発売

「H27年総括&H28年対応 省エネ促進補助金アドバイスマニュアル」

7,500円 100部限定


ものづくり補助金関連

コラム  H27 総括1  総括2 (動画付きになります)

無料ツール
「アドバイスマニュアル」から以下の抜粋要約」
有料ツール「H27年総括&H28年対応 ものづくり補助金アドバイスマニュアル」

  5,000円 100部限定

創業補助金関連

コラム H27 総括1 総括2 (動画付きになります)

無料ツール   「創業志望者が解けないといけないクイズ」
有料ツール
「H27年総括&H28年対応 創業促進補助金アドバイスマニュアル」

  5,000円 100部限定

持続化補助金関連

コラム 総括1   (動画付きになります)

無料ツール

「連続でも狙うべき事業所パターン/100万増枠コースで一考」

有料ツール 11月19日発売予約化

「H27年総括&H28年対応 持続化補助金アドバイスマニュアル」

5,000円 100部限定

下のリンクはものづくり補助金の有料マニュアル分です!

最後までお読みいただき有り難うございます!


MENU

会社概要

西河経営・労務管理事務所
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403