人材開発支援助成 職場定着支援

075-957-1487

補助金キラーサイト ものづくり補助金情報中心(センター)

では、助成金種類に強くなろう!


では、助成金の有利さを理解できたところで各種助成金の注意点を知りましょう

 

業務改善助成金 マニュアルはここ

社内最低賃金の労働者の時給を上げることにより、生産性向上のための設備投資助成を受けられる助成金

職場定着支援助成金 マニュアルはここ

職場に研修、処遇、健康診断、メンター制度等を導入することにより1制度10万、1年間の離職率を見てガイドより低ければ60万支給される助成金

女性活躍加速化助成金 マニュアルはここ

女性の活躍に関する「数値目標」、「数値目標」の達成に向けた取組内容(「取組目標」)等を盛り込んだ行動計画を策定し、行動計画に沿った取組を実施して「取組目標」を達成した事業主(Aコース)及び「数値目標」を達成した事業主(Nコース)に対してそれぞれ30万の助成金が支給されます。

キャリアップ助成金 (人材育成コースは別に紹介します)マニュアルはここ

当助成金の目的はキャリアップであり、パートなどのいわゆる非正規をその対象として想定しています。

キャリアアップしたという目印は

・正社員化などその契約形態の変更☆

・賃金の向上☆

です。そこに行くつくための支援措置が助成金の中に仕組まれていて、それが

・処遇改善(評価法、健康診断などの福利厚生措置)☆

・教育(人材育成コース)☆です。☆それぞれについて助成金金が支給されます。

キャリア形成助成金 マニュアルはここ

雇用管理制度(評価・処遇制度、研修制度、健康づくり制度、メンター制度)の導入などを通じて従業員の離職率の低下に取り組む事業主に対して助成するもので、雇用管理改善を推進し、人材の定着・確保と、魅力ある職場の創出を目的としています。1コース五十万と比較的大きな助成金ですが、評価・処遇、研修には

・ジョブカード ・職業能力体系の知識が必要です。

65歳超雇用推進助成金 マニュアルはここ

平成28 年10 月19 日以降において、労働協約又は就業規則による、次の(イ)から(ハ)

までのいずれかに該当する制度(以下「定年の引上げ等の制度」という。)を実施した事業主

であること。

(イ) 旧定年年齢を上回る65 歳以上への定年の引上げ

(ロ) 定年の定めの廃止

(ハ) 旧定年年齢及び継続雇用年齢を上回る66 歳以上の継続雇用制度(※1)の導入

それぞれ支給される助成金です。

 

両立支援等助成金 マニュアルはここ

本旨は育児・介護という家庭の事情と仕事との両立です。

これは、それらの事情を抱えながら働く女性の支援が主ですが、今回特徴的なこととして「出生時両立支援助成金」では男性の育児、いわゆるイクメンをしやすい状況を支援しようと言うものです。

また、この両立支援等助成金は施策のタイトルであり、―仞源両立支援助成金 介護離職防止支援助成金 C羮企業両立支援助成金 そ性活躍加速化助成金の総称です。

 

次ぎはキャリアアップ助成金 人材育成コース12月15日

感謝月間サービスにて無料配信 先着30名様のみ ここ 

 

 

アカデミックに学びたい人は厚生労働省 施策活用大学 ここ

助成金総合で学びたい人は、厚生労働省 助成金BOOK 12月30日 予約はここ 

助成金実績はこちら  

事業提携のお問い合わせはメールで