人材開発支援助成 職場定着支援

075-957-1487

補助金キラーサイト ものづくり補助金情報中心(センター)

ものづくり補助金結果出る/助成金講座1/資金調達講座9 M&Aも資金調達


ものづくり補助金結果出る2

15,547件申請で、6,157件採択でした。採択率39.6%、予言通り申請数は落ちました。

4月新年度に入り、もう一度すぐあるか?ありませんよ!って予算がないじゃないですか?

次の補正予算が出ないと、今回採択数で余らないですよ

 

ものづくり補助金 2016年の傾向と対策の発売について

8月12日発売予定で、当社では本年度総括、ものづくり補助金の傾向と対策レポートを発売します。

  

内容

・事前に出ていた情報
・審査に近い線からの情報
・採択先一覧の情報の徹底分析
より、傾向と対策を纏めています。

特別価格1,000円で、限定50部です。    ここ

 


助成金講座1 旧制度適用日数あとわずか

助成金申請で、旧制度の有利なうちに行けるのはあと1週間です。

もう出せていないとだめです。

申請書を作れる人に頼めば、やってくれます。今まで、その方面の知識がなかった事業所は残酷な言い方ですが、もうこの日数では無理だと思います。

作れるとことに頼んでも申請まで行けていない事業所が残っています。

どこで詰まるのでしょう?それは助成金申請には就業規則の改訂が伴い、従業員のハンコが要ります。

そこで、日頃の恨みを返されている事業所です。すぐは押さないよ、確かに、読まないですぐ押せと言うことには無理があります。

これも社労士に頼んだ方が説得性はあると言えるでしょう。↓・

 

 ***当社関連サービス***

  

 

助成金にかかる就業規則改定サービス

定価 20,000円

原則、1日で処理します。

業務委託契約書、見積書、納品書、請求書、(報酬いただいてからの領収書)もセットでお渡します。

注)今般、提出が必要となった65歳超雇用推進助成金では業務委託契約書まで必要です。

注)先生業、民間コンサル会社なども受け付け可能ですがその際には、メールでまず、ご相談ください。

メールはここ

 

 

 


資金調達講座  9 M&Aも資金調達バリエーションのひとつ


資金繰りが悪くなことが予想される。

この窮状要因を考えて、除去するのが経営維持のツボですよね。

そこで、それが真実なのにどうしても避けて通ってしまう要因は何でしょう!

それは「経営者が悪い」ということ、貴方自身のやり方が悪いと言う要素です。

ここで、広義の意味で、M&Aも資金調達の手法であるということを理解すべきです。
これは、M&Aされるという意味で、キャッシュフローが悪い原因の改善として、経営者が変わると言うことです。
M&Aは通常、企業価値の毀損と言う意味で、下り坂では時間が経つほど成立しにくくなります。

これも、収益が上がっている場合と、下り坂の場合で評価が大きく変わります。
資産評価すべきものに
・在庫
・固定資産→所有不動産
・営業権、特許などの無形固定資産
・従業員
があります。

この内、実務上は在庫は取得原価の半額程度、所有不動産は路線価よりやや低めとなります。これは買い手の換金の手間を考えるとこれはやむを得ないでしょう。
無形固定資産である、営業権、従業員が収益企業と赤字企業では評価が大きく変わります。
ともに赤字企業ではキャシュフローを生み出していないからです。
ましてや、経営者交代の場合の役員の退職金は望めません。

これが収益企業であれば、この営業権などの無形固定資産のところで各種の評価法で買い取り価格に、色をつけると言うのが普通です。
逆に言うならば赤字企業には全てのM&A評価法が通用しないのです。

実際にも下り坂のM&A(救済型と言い換えてもよい)は通常、経営資産に何らかの特別な意味合いがないと成立しません。
ここでも総括は企業価値既存の速度は事業主の想定以上に速いので出来るだけ早めに決断することです。

 

 ***当社関連サービス***

 

借入・補助金・助成金・M&Aまでをカバー    
資金調達講座テキスト 

発刊主旨

資金調達は何のためにするのか?それは資金を回すためではなく経営を持続・拡大するためです。

このテキストを読み経営が追い込まれる前に正しい資金調達法を理解しておなかいと企業低迷時には企業価値は驚く程のスピードで毀損し、打つ手も限られてきます。

アカデミックに勉強したい人にも読めるように構成しています。   

定価 3,000円

限定数 200部 問合せはここ