人材開発支援助成 職場定着支援

075-957-1487

補助金キラーサイト ものづくり補助金情報中心(センター)

新コラムスタート、資金調達講座3


コラムシリーズ「労務管理講座」スタートします!

 

以前もスポット的に掲載しましたが労務管理講座をコラムシリーズとして開始します。

メルマガ読者には、既にメッセージとして送りましたが、ものづくり補助金ブームは去ったとして、1ジャンルに落とし、その空いた余白分を、中小企業経営がうまく行くことならなんでも、拘らずに情報発信の展開をしていきます。

想えば真の意味でものづくりしている中小企業と言うのは、それ程多くありませんでした。

政府もそれは分かっていました。よって、2013年からのものづくり補助金で最低必要減のやる気のある中小企業の設備更新は取りあえず終わったと見ています。

なんとしてもここまでで取っておくべきでした。今後は、以前のようにマニアックな世界に経済産業省の補助金は戻っていくでしょう。

そこで、話は労務管理の方に戻りします。中小企業施策としても国の予算の力点は厚生労働省の方にシフトして行きます。

そこで、助成金シリーズは別に展開するとして、この労務管理講座はそこへの橋渡しになる

・リスク管理としての労務管理 ・戦略としての労務管理 ・時流にあった労務管理

これらのお話をします。優先順位、緊急度合いの高い順に取り上げます。

都度、助成金との関係をお話します。

ここで、事前に理解してください。

この労務管理の話は法律に関係してくるということで、労働法規です。

労働法規は労働者向きにつくってあります。

就業規則との関係も話しますが、これこそ法律通りの世界であり、企業戦略を反映して、自由に作れるものではありません。

そして、最後に私の話すことはこの分野でも当たり前と言えば当たり前のことばかりになります。

いわゆる抜け道の話はしませんし、モラルに反するようなことも勧めません。

戦略についてはオーソドックスな王道以外にありません。

それで、よければ、今後のコラムシリーズ「労務管理編」を御期待下さい。

 

これが最後のご奉公

ものづくり補助金申請マニュアルはこちら

H28補正 正式名称 地域未来投資促進事業 革新的ものづくり・商業・サービス業新展開支援補助金

第4次産業型マニュアルはこちら

 経営力向上計画申請マニュアルはここ      経営革新申請マニュアルはここ

 持続化マニュアル

 

ものづくり補助金添削コースはここ

 

ものづくり補助金実績

以下は認定支援機関としてですので訪問できる近隣所在だけです。

マニュアル活用→メール添削で通った先は300社を越えました。1社につき2万円以上いただいておりません。

 

 

 

 

資金調達講座3

資金調達講座テキスト1月20日発売 ここ

金融機関から借りると言う行為

金融と言う業態、あるいは金銭消費貸借契約を理解していただくために、面白い実験事例があります。個人同士が相対で、事業をするので、「事業資金を出資してくれ」というケースがあったとします。

その時、物価上昇や、金利の向上という背景がなかったとして、人は年何%の配当を用意するかという質問です。この質問に多くは5%程度と答えるとされています。人は直感的に投資リスクとそのリスクを持つリターンを5%とはじくのです。

今、金融機関や保証協会でラインナップされている金利はそこまでいかないでしょう。

金融機関の貸付は投資行為ではありません。しかし、お金を貸すといった行為には似たところがあります。

この金利の差額をうめるのが、

|簡櫃魑瓩瓩襦

▲咼献優好廛薀鵑魑瓩瓩襦

J数の人間が稟議で慎重審査する。

という行為でしょう。

ここで、|簡歡У瓩砲弔い峠劼戮泙后これは金融機関のシビアな側面としてよく取り上げらますが、事業者側から見ると、今まで事業で培った経営者の信用(個人保障、保証協会保証)、や不動産(抵当権、根抵当権)を金融資産が足りないときにその、調達の信用の補足として使えるというメリットもあるのです。

ここで担保の注意点は事業用資産を担保徴求されてしまうと事業継続自体が出来なくなりますので注意しましょう。

ここで、総括します。

資金は人から出資して貰うより金融機関から借りる方が、得なのです。出資配当期待率は年5%です。

親族から借りる!こんな怖いことはありません!そこを良く理解しましょう!

 


ものづくり補助金でゆきずまってしまった全ての方へ!

私も昨年、この助成金の仕組みの面白さに嵌まってしまいました。

 

好評、助成金シリーズ最終刊            
厚労省 助成金総合マニュアルBOOK            
    〜2016〜2017VER〜        
        発行 ものづくり補助金情報中心  

主旨

・助成金主旨の徹底理解
・企業戦略との関連性

なども解説しています。

そして、企業の各ステージに置いてどの助成金を選択したらよいか分かりやすい一覧表を策定しました。

本書は一般企業にお勧めするだけでなく、今まで、経済産業省系の補助金にしか目の行っていなかったコンサルタントにもお勧めします。

限定 30部

定価 2,000円

内容 PDFフアイル100ページ

・補助金と助成金の違い徹底講義

・助成金主旨の徹底理解
・企業戦略との関連性

 ・助成金比較表分析 

 ・紹介する助成金


業務改善助成金    
職場定着支援助成金    
キャリアップ助成金    
キャリア形成助成金    
両立支援等助成金    
女性活躍加速化助成金    
65歳超雇用推進助成金    
トライアル雇用助成金(今回初紹介)
雇用調整助成金(今回初紹介)


*)動画解説リンク制です。

 問合せは ここ

助成金実績はここ