補助金キラーサイト 株式会社西河マネジメントセンター

「遥かなるマネタイズの道」履歴編12 STAGE4 事業化模索期6 借り入れに手を出す


 

 

履歴編12 STAGE4 事業化模索期6 借り入れに手を出す

 

商工会会長職で、時間は取られるわ、リモートで混乱するわ、トラブル続出するわで緊急事態だった。

 

その上に、コロナが襲った。

 

この時期から借り入れをしている。

ここは、元金融機関の金融理解が生きた。

 

まず、コロナ期以前に200万を政策金融のマル経で借りた。

目的は事業拡大だったが、コロナ期はまさに緊急資金だった。

 

それは、審査も甘かった!

中小企業のためにスピード優先してくれた。

 

それは、事業的規模にするためにもこの時期に借り入れをしているということだ。

その前に会長職は継いでくれる人が出て短期で終わっていたが

 

まず、当初にとりあえず日本政策金融公庫で200万

 

返済は順調に返していったが、コロナ期に入り、ここは借り入れ申し込みは先手必勝で、スピード勝負と直感した。

 

コロナで売り上げの伸びが止まったどころか、着手金の返還まで迫られて、資金が逆流した。

それだけ顧客も緊急事態に陥ったということ。

 

資金逆流というのは怖いものだとその時はじめて知った。

 

そこで、コロナ借り入れで日本政策金融公庫で500万(緊急時で携帯電話での本人確認だけだった)

それでも、不安になってきて、保証協会で300万、日本政策金融公庫に追加で、300万

 

日本政策金融は商工会、保証協会は京都信用の担当者にお世話になった。

借り入れを知らない人はそういう時、どこの誰に相談したらいいのかもわからないので危険である。

 

 

あくまで考え方である。じっくりと自分の事業に落として考えてみて欲しい。

続く

 

 

 

 

 

 

先に公開これが、履歴のレジュメである。

    


MENU

会社概要

株式会社西河マネジメントセンター
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403