補助金キラーサイト 株式会社西河マネジメントセンター

中小企業のM&A講座1


中小企業のM&A講座1

 

緊急でM&A講座のシリーズをいたします。

経営者の平均年齢が70歳に近くなり、もう親族内事業継承では若返らないというもんだにもなってきました。

8回のシリーズで課題を抽出しますので共に学びましょう!

 

 

このSTEPの順に解説します。

 

 

 

M&A­1 準備段階 買手の背景

まず買い手側の背景から始めます。

第一義は何といっても時間の節約です。

この時代「純血主義」で戦略を練って目標達成しようとしても99%無理です。
逆に業績が下がっていく現象に見舞われるかもしれません。

それは、その努力が相手側にも通じてそれ以上の努力を合わせてくるからです。

この真理に早く気が付かないといけません。

会社の寿命が終わるころに気が付いた場合にはこのフオーマットでは売り手側に回らないとならず、それでも値段つかないという危険性もあります。

M&Aには当然リスクもあります。

そのリスクを許容できないと売上が維持できない時代になります。

様々な無形固定資産が、変えるというのも時間の節約の中での魅力です。

このような、目的を狙うとなおさらリスクは高まるのですが、勉強することによってそのリスク発生率は落とすことができます。

 

 

M&Aー2  準備段階  買い手側の注意点

 

最も大切なのは経営が一つになってのシナジー効果です。

 

これが、基本であり、その中でも組織を見るべきです。

 

最終的に組織は合併になるケースが多く、合併して組織がいかに活性化するかをみます。

 

その際に1+1=2のような足し算をするべきでありません。

 

企業売却に出るということは何らかのおかしい点が組織においてもあるとみるべきです。

 

モラールが低いのではないかと疑ってみるべきということです。

 

この視点を忘れて、M&Aした場合、最悪、買い手側の組織にもそれが伝染してきます。

 

このことは、買取代金の問題より重要なことです。

 

話が組織(人材)面に偏り過ぎましたが、事業面でも同じでシナジー効果を見るべきであり、「この事業をなくしてはならないという義侠心」で買収してはいけないのです。

 

M&A実務の問い合わせはここ

 

 

 

 

 

続く

 

 

速報!2023年年明けすぐ AMAZONで掲載されました!

労務管理技術便覧
〜覆面調査員が見る5つのポイント〜
西河 豊 著 株式会社
西河マネジメントセンター 監修
三恵社
 
 
 
価格 1,870円
 
 
就業規則は最新法規に合っていますか!
国の目玉施策として展開されている「働き方改革」「人への投資」をいかに労務管理に落としていくかを分かりやすく解説しています。 注文はここ
 

 

 

  事業再構築補助金情報

  

第6回 事業再構築 締め切り分 7社認定(累計41社)

 

     

「直ぐ作れる事業再構築 事業計画書セット販売」

 A.事業再構築補助金 事業計画書作成マニュアル(虎の巻)

B.新サービス「一緒に作ろう事業計画書(ワークショップ)」

 セット価格 16.000円  

   

 問い合わせはここ

  

第5回結果発表 5社採択

    

第9次分 ものづくり補助金GET2社です。

 

 

 事業再構築補助金第4回採択発表

支援機関として全国で6社採択受けました。
これで年度通算29社になりました。
 

今回認定機関先(第4回締め切り分6社)

 

今回認定機関先(第3回締め切り分10社)

   

 

今回認定機関先(第2回締め切り分6社)

 一番下のユーズテックは私が非常勤役員で入っている会社で医療ITの開発をしています。

 

第1回締め切り分(7社)

事業再構築補助今回認定機関先(第2回締め切り分6社)金の採択結果出る!全国でマニュアル活用先&認定機関になった先で7社認定を受けました。すべて成功報酬一切なしのマニュアル代(一部添削実施)だけです。

通常枠 

(コロナで困った飲食業のためにレトルト工場を作られます)

 

緊急事態枠

 

 

「直ぐ作れる事業再構築 事業計画書セット販売」

 A.事業再構築補助金 事業計画書作成マニュアル(虎の巻)

B.新サービス「一緒に作ろう事業計画書(ワークショップ)」

 セット価格 16.000円  

   

 問い合わせはここ

 

 

 

 

 

 


MENU

会社概要

株式会社西河マネジメントセンター
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403