補助金キラーサイト 株式会社西河マネジメントセンター

最新NEWS 8.27 CFO講座 レッスン13 事業継承と再生支援1?


 動画NEWS 8.27 CFO活用/新シリーズ レッスン13  事業継承と再生支援1  

 

発売されました、申し込みはここ

  労務監査サービスのお問い合わせはここ

パート就業規則作成サービスはここ

ミニマム法人作成サービスはここ

 

 

 

 

 

13.事業継承と再生支援1

 

(1)それぞれの定義

 

 事業継承では、事業体が利益を出しているケースは、論議しません。その場合はまず、問題にはならないと思いますし、支援する体制も既にあると思われるからです。

 

 事業継承支援の定義とは、前経営者から、後継者が、事業を引き継ぎ、自らのビジョンで事業を展開することです。

 

 事業継承の方には国の施策に変化があり、事業継承者は親族と言うルールを外しつつあります。

 以前は家業を守るという日本人的な、考えがありました。

 一子相伝の伝統と言った方が腹に落ちやすいかもしれません。

 しかし、旧業態があまりに世の中に適合しなくなってきたために、国はその概念を広げつつあります。

 しかし、その概念の広げ方については、現在模索中です。

 従業員継承であるMBOはまだ、いいでしょう、親族外でも同じ会社の人(達)です。まったく第3者のM&Aでも良いのかということです。

 M&Aには単に不動産の居抜きのケースまであります。

 国の本音は、事業所数を減らしたくないということです。

 それに付随して、そこで働いていた社員の雇用の確保の問題があるということです。事業を継承する大義は?と考えると確かに難しいものがあります。

 

 再生支援は定義の段階で早くも誤解の芽が隠されています。

 相談所管の事業引継ぎセンターの窓口で相談依頼に来る人と機関の方で食い違いが多く発生しています。

 相談に来る人は「再生支援してくれる」と考えてくるのですが、定義は「(自主)再生」するのを「支援する」のです。

 この(自主)再生のガイドラインになるのが

 定性的には

・経営者と社員に強い再生の意思があること

・企業の事業目的がクリーンなものであり、長期にわたり地域にとって必要なものであること

・再生計画が実現可能なものであること

・事業再生計画が、過去の反省に立ち、経営資源の選択と集中を図ったものである ことであり、定量的には

・3年以内に収支の黒字化

・5年以内の債務超過脱出

・10年以内の既存借り入れの内、根雪資金の償還

 です。(根雪資金とは借り入れとして財務に張り付いている資金、反対語は回転資金)

 この条件は冷静に眺めてみると、定性的にも、定量的にも根本的におかしなことが多くあります。

 まず、定性的には一番大きなファクターは地域で必要とされるという点ですが、真にそうであるならば、再生が必要とされる窮状状態に陥らないのではないかという疑問です。

 いやこれらの定性条件を守れるのは優良企業だけでしょう。

 そう思うとナンセンスです。

 定量的には、3年以内収支黒字化、5年以内債務超過脱出はまだよいとして、

10年以内の既存借り入れ償還と言うのは一般的な中小企業でさえ難しいものです。

 利益が出れば、一定比率は納税しなければいけないというルールがあるからです。

 

 

続く

 

出版しました!

 

新シリーズ 労務管理のお掃除

というシリーズを始めます。

いろいろと法改正があり、規則対応できていない。

ハラスメント対策など潮流に合わせられていない。

などの課題にどうやって対応していったらいいのか、イチから説明します。

 

 続く

 

 

 

 

 

 

 事業再構築補助金情報

  

第5回結果発表 5社採択

    

第9次分 ものづくり補助金GET2社です。

 

 

 事業再構築補助金第4回採択発表

支援機関として全国で6社採択受けました。
これで年度通算29社になりました。
 

今回認定機関先(第4回締め切り分6社)

 

今回認定機関先(第3回締め切り分10社)

   

 

今回認定機関先(第2回締め切り分6社)

 一番下のユーズテックは私が非常勤役員で入っている会社で医療ITの開発をしています。

 

第1回締め切り分(7社)

事業再構築補助今回認定機関先(第2回締め切り分6社)金の採択結果出る!全国でマニュアル活用先&認定機関になった先で7社認定を受けました。すべて成功報酬一切なしのマニュアル代(一部添削実施)だけです。

通常枠 

(コロナで困った飲食業のためにレトルト工場を作られます)

 

緊急事態枠

 

 

「直ぐ作れる事業再構築 事業計画書セット販売」

 A.事業再構築補助金 事業計画書作成マニュアル(虎の巻)

B.新サービス「一緒に作ろう事業計画書(ワークショップ)」

 セット価格 16.000円  

   

 問い合わせはここ

 

 磨き抜かれたシステム

 
 過去の採択実績より確実な評点アップのポイントがあります。
 
 テクニックではありません、ロジックです!
 
 

今後、ビジネスでウイングを広くとっているアメブロの千の扉と連動していきます。  千の扉  ここ

 

 

 

 


MENU

会社概要

株式会社西河マネジメントセンター
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403