補助金キラーサイト ものづくり補助金情報中心(センター)

助成金獲得の新理論 +字理論2  出版情報


助成金獲得の新理論 +字理論2

このコラムは必ず働き方改革と助成金の+字理論のVOL1から読んでください。

VOL1の復習(ページはここ

働き方改革の対応の仕方、それによる助成金の活用の仕方にはA、B2つのタイプがあります。


A 業務量(生産量)が労働時間以上にあり1工程当たりの労働時間を削減することにより、そのキャパシテイを上げることで利益の向上が、ダイレクトに可能な場合は、「1工程当たりの労働時間を削減する」ことに専念する。

B 業務量が、顧客のオーダーにより左右されるサービス業務が中心で、1工程当たりの労働時間を削減することは、サービスの低下を招く危険性がある。

ここからは、助成金の活用の仕方を説明します。

Aタイプの会社 横軸の柱は労働時間改善 インターバル助成金でこれを実行した事業所だけH31年以降@60万が簡単な申請で支給されます。

ただ、人が来てくれるのかはまた別問題です。(本年合わせ掲載して行く外国人活用のコラムも読んで是非視野に入れてください)

次に、縦軸は生産性指標向上要件達成プレミアを狙います。

年で2%以上が基準です。

Bタイプの会社 次に横軸を主軸に行く会社は労働時間改善助成金以外の特定求職者雇用開発助成金、キャリアアップ助成金なども活用してください。

生産性指標の要件達成プレミアを狙う助成金は教育系・労務環境改善系助成金で種類で言うと

・人材確保助成金の内雇用管理制度導入助成金

・人材開発助成金の教育関連全般

・キャリアアップ助成金

です。ここで、キャリアアップ助成金は双方に出てきますね。

これは、非正規で雇用して、非正規の労務環境を改善して、正社員化すると言う一連の流れの各パーツで助成金が支給される総合的な体系を持つものだからです。

 


ここまで実行することにより御社は体質的に強くなりしかも、助成金で財務体質も良くなります。

今後は、上記に上げた助成金の種類解説に続きます。

 

H31年度の出版に関して

まず、GW明け以降になりますが補助金・助成金獲得の新理論の本年度改訂本を出版しますが、分冊になります。

分冊になる分、各書はお手頃な値段になります。

次に、この補助金・助成金の改訂本は本年を最後にいたします。

2020年以降は、本年の各冊を購入いただいた方のみに、次年度の買い手情報を纏めたレポートをお渡しします。(有料無料は検討中です、有料であっても印刷実費程度にします)

 

H31年度の出版共著者について

外国人活用 中小企業診断士、社会保険労務士、行政書士、通訳士という肩書を持つ松本光正先生、松本先生は既にこの外国人活用で全国でセミナーをされています。

補助金 株式会社 コストデザイン 社長 栗木恭二氏、コストデザインも全国で行政や金融機関対象にコストを削減するコンサルで実績を上げています。省エネについても精通されています。

助成金 社会保険労務士 池田少折先生、京都で助成金実績のある先生で若手社労士対象に助成金獲得の指導もされています。


MENU

会社概要

ものづくり補助金情報中心(センター)
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403