キラーサイト 採択

075-957-1487

補助金キラーサイト ものづくり補助金情報中心(センター)

「ものづくり補助金 採択を受けた申請書の書き出し事例集」の問い合わせ

  

 

本商品発刊の製作意図

無数の申請者のご相談に乗っていて、大いなる勘違いを感じる事は、申請書の審査を真剣に捕らえすぎているという事です。

言葉を変えましょう。基礎審査には1件当たり、時間をかけていないということです。

申請書冒頭部分の計画概要はその後のあらすじに当たる部分です。

ここのまとまり具合で、全体の出来の想像が出来ます。

そして、採択を受ける申請書の計画概要部分には明らかに傾向があります。

また、申請書の書き始められない人は、パーツで悩んでいるのではなく、この最初の部分が書けず手がつけられていない方がほとんどです。

よって、この計画の概要部分のガイドは効果抜群だと思っています。

この部分が書けないから、コンサルタントに頼むというのは正に、本末転倒です。

何をするかの要約部分ですので、自分が書けなければ、他人が書けるはずがありません。

次期商材「ものづくり補助金 採択を受けた申請書の書き出し事例集」
〜全コース解説〜


発売日時

3月19日

定価;2,000円

限定:100部 1県につきMAX3部

イメージ  ・計画の概要部分の採択を受けるための5つの法則
・選択コースごとの注意点
・実際の記入事例  

 

ハーフ有料とは?「採択された申請書の書き出し事例」

「ものづくり補助金申請6つの視点」→「ものづくり補助金IoTコースはめ込むべき7パーツ」「ものづくり補助金最新モデルコースはめ込むべき7パーツ」→「ものづくり補助金落ちた申請書10の解説」と大好評を博しました。

多くの方がシリーズで全てを手に入れれているようです。

次は今週土曜発行予定の「採択された申請書の書き出し事例」です。
申請書の題と計画概要のところであり、採択組の方には明らかに傾向があります。

これは、守秘義務がありますので当然、採択されたお客様の申請書そのままではありません。しかし、明らかに、ここはこうすべきというルールのようなものがあります。

また、今回は革新的サービスコース、特定ものづくり技術コース、IoTコース、最新モデル、試作コースなどすべてのタイプ別に明示します。

・この書き出し部分に採択不採択がかかっていること。
・あまりに出回ってしまうと審査箇所で被ること
より、これのみ、2,000円という価格を付けます。

また、今後、「当社添削で採択された添削事例」「当落を握る事業計画書の作り方」という無料資料は、当商材を有料購入いただいたお客様に限らせていただく予定です。

   何卒ご理解ください!

【必須】は入力必須項目になります。
※文字化けの原因となりますので半角カタカナは使用しないでください。

会社名【必須】
※記入例:株式会社○○○○
お名前【必須】   名
E-メール【必須】
※記入例:user@keiei.ne.jp
ご住所【必須】
都道府県【必須】
市区町村【必須】
番地【必須】
ビル名
TEL【必須】 ※記入例:03-3294-121
役職