補助金キラーサイト 株式会社西河マネジメントセンター

最新労務管理シリーズ29 第4章 就業規則の視点つ其發覆


 

年末まで、原則、毎日更新体制で労務管理特集を掲載します。

カスタマーハラスメント対策は項を改めて、セミナー形式でお送りします。

労務監査表も同じくです。

 

今回まとめの動画

 

 

 

 

 

 

最新労務管理シリーズ30 第4章 就業規則の視点つ其發覆

 

それぞれ、コメンタールが先でサンプルが後に来ます。

 

  

第10章   賃    金

(賃金計算期間及び支払日)

第44条 賃金は、当月1日から起算し、当月末日を締め切りとした期間(以下、「賃金計算期間」という。)について計算し、翌月20日に支払う。但し、当該支払日が休日の場合はその直前の休日でない日に支払うものとする。

2.前項の規定にかかわらず、次の各号の一に該当するときは社員(第1号については、その遺族)の請求により、賃金支払日の前であっても既往の労働に対する賃金を支払う。

  ー勸が死亡したとき

 ◆ー勸が退職し、又は解雇されたとき
 社員又はその収入によって生計を維持している者が結婚し、出産し、疾病にかかり、災害を被り、又は社員の収入によって生計を維持している者が死亡したため臨時に費用を必要とするとき

ぁー勸又はその収入によって生計を維持している者が、やむを得ない事由によって1週間以上帰郷するとき
ァ〜鯵胴罎里曚、やむを得ない事情があると会社が認めたとき

 

(賃金の支払方法)

第45条 賃金は通貨で直接社員にその全額を支払う。

2.前項の規定にかかわらず、社員の同意を得た場合は、本人が指定する金融機関の口座への振り込みにより賃金を支給する。また、次の各号に掲げるものについては賃金を支払うときに控除する。

 仝酸所得税
◆―嗣雲如併堋村民税及び都道府県民税)
 雇用保険料
ぁ〃鮃保険料(介護保険料を含む)
ァ仝生年金保険料
Α,修梁症要と認められるもので社員代表と協定したもの

 

(基 本 給)

第46条 基本給は、日給月給制とする。基本給には、定額の時間外労働割増賃金が含まれるものとし、時間及び金額は、個別の雇用契約書で定める。

2.割増賃金が、実際の労働時間に基づき、本規則に則って計算した額を下回る場合には、その差額分について、別途割増賃金として支給する。

 

(基本給の決定)

第47条 基本給は、社員の学歴、能力、経験、技能及び職務内容などを勘案して各人ごとに決定する。

 

(昇    給)

第48条 昇給は基本給を対象に毎年10月に社員各人の勤務成績を査定して決定し、当月から支給する。但し、会社の業績によっては、昇給の額を縮小し、又は見送ることがある。

(通勤手当)
第49条 通勤手当は、公共交通機関を利用する者に実費相当額を支給する。但し、上限1   

万円とする。

 

(割増賃金)

第50条 所定労働時間を超え、かつ、法定労働時間を超えて労働した場合には、時間外労働割増賃を、法定の休日に労働した場合には休日労働割増賃金を、深夜(午後10時から午前5時までの間)に労働した場合には深夜労働割増賃金を、それぞれ次の計算により支給する。

2.所定労働時間を超え、かつ、法定労働時間を超えて労働した時間、又は休日に労働した時間が深夜に及ぶ場合は、時間外労働割増賃金又は休日労働割増賃金と深夜労働割増賃金を合計した割増賃金を支給する。

(賞   与)

第51条 賞与は行わない。

(退 職 金)

第52条 社員に対する退職金は、支給しない。


第10章   賃    金(コメンタール)

*賃金支払いの5原則を守ります。

(1)現物給与の禁止(通貨払いの原則)(2)直接払いの原則(3)全額払いの原則(4)毎月1回以上の原則(5)一定期日払いの原則

振込の場合には金融機関休業日の前か後か明記して、実際にそのように運用します。(当然、前日の場合の方が社員には優しくなります)。

*最低賃金

これは、必須ではありませんが、従業員に公表するという意味あります。常に時給換算する意識を持つことが必要になります。

条文事例を上げます。

(事業場内最低賃金) 第○条 当事業場における最も低い賃金額は、時間給又は時間換算額740円とする。ただし、最低賃金法(昭和 34 年法律第137 号)第7条に基づく最低賃金の減額の特例許可を受けた者を除く。

2 前項の賃金額には、最低賃金法第4条第3項に定める賃金を算入しない。また、時間換算額の算出方法は、最低賃金法施行規則第2条の定めるところによる。

*割増賃金(割増率)

法律改正により、60時間以上の割増率が変わりましたので、以下の条件を付けておいた方がベターです。

1ヵ月60時間を超える超過勤務および法定外休日勤務の場合: 勤務時間数×[ 対象給与÷1ヵ月の平均所定労働時間数 ]×1.5

*固定残業

固定残業代を支給する場合は、何時間分に換算するのかの明記が必要です。

固定残業手当の額は月額●万円とし、約●時間分の時間外労働に対応する時間外手当が含まれるものとする。

*賞与・退職金

これについては、ある場合に書くという相対的記載事項になりますが、キャリアアップ助成金など支援策において、これが条件とされつつあります。


第11章   災 害 補 償

(災害補償)

第53条 社員が業務上、負傷しまたは疾病にかかったときは、労働基準法の規定に従って次の補償をする。
 [斗槓篏 必要な療養の費用
◆‐祿科篏 障害の程度で決定額
 休業補償 平均賃金の60%
ぁ^簑科篏 平均賃金の1,000日分
ァ〜鮑徇 平均賃金の60日分

2.補償を受けるべき者が同一の事由について労働者災害補償保険法によって前項の災害補償に相当する保険給付を受けるべき場合においては、その給付の限度において前項の規定を適用しない。

3.社員が業務外の傷病にかかった場合は、健康保険法により扶助を受けるものとする。


第11章   災 害 補 償(コメンタール)

ここは安易には変えられないところです。事業主が補償と書いてありますが、これは通常労働者災害補償保険法により支給されるところで、その基準になっているからです。

当然、労災の適用事業所になり、保険料を払うことが必要ですが・・・


 

第12章   安全及び衛生

(心   得)

第54条 社員は安全衛生に関する規定を守り、常に職場の整理整頓に努め、消防具、救急品の備付場所ならびにその使用方法を知得しておかなければならない。

(火災の措置)
第55条 火災その他の災害を発見し、またはその危険を予知したときは、直ちにこれを係員または適当な者に報告してその指揮に従って行動しなければならない。

 

(健康診断)
第56条 社員には、入社の際及び毎年1回以上の健康診断を行う。
2.健康診断の結果、特に必要のある場合は就業を一定の期間禁止し、または職場を配置替えすることがある。

 


第12章   安全及び衛生(コメンタール)

「地味」ですが、この第56条の法定健康診断は重要で、運用面でも(事業主負担で)必ず実施することが必要です。
これは、絶対的記載事項です。


 

 

第13章   副業・兼業

(副業・兼業)

第57条 社員は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる。

2.社員は、前項の業務に従事するにあたっては、事前に、会社に所定の届出を行うものとする。
3.第1項の業務に従事することにより、次の各号のいずれかに該当する場合には、会社は、これを禁止又は制限することができる。

 ]務提供上の支障がある場合
   企業秘密が漏洩する場合
   会社の名誉や信用を損なう行為や、信頼関係を破壊する行為がある場合
   競業により、企業の利益を害する場合


第13章   副業・兼業(コメンタール)

副業・兼業を可能とするかは、選択できます。

世の中の潮流は可とする方向です。(募集時に応募者にどう映るかを考えてください)可能な場合でも、競業忌避義務はつけるべきです。

条文の追加は、この第13章の後に加えていきます。
これは、規程の内容に近いところに入れてわかりやすく整理したいという「美意識」を持っている人の思いからは相反しますが、通常、規程の条文の中に、他条文の参照条文数字を入れているので、中間に新条文を足すと、ずれが発生して、調整が必要になるからで、それは実質不可能です。


付   則
この規則は令和4年4月1日から施行する。


当初制定日の明記からどこを改訂したのか、分かる様に付則に書いておくことが、必要です。そうしないとどの就業規則が最近か分からなくなります。(その意味では、このひな形は悪い例です)。

 

続く

 

 

 

株式会社西河マネジメントセンター 代表取締役 西河 豊

 

CFOの本を出版しました!

 

  

 

 事業再構築補助金情報

  

第6回 事業再構築 締め切り分 7社認定(累計41社)

 

     

「直ぐ作れる事業再構築 事業計画書セット販売」

 A.事業再構築補助金 事業計画書作成マニュアル(虎の巻)

B.新サービス「一緒に作ろう事業計画書(ワークショップ)」

 セット価格 16.000円  

   

 問い合わせはここ

  

第5回結果発表 5社採択

    

第9次分 ものづくり補助金GET2社です。

 

 

 事業再構築補助金第4回採択発表

支援機関として全国で6社採択受けました。
これで年度通算29社になりました。
 

今回認定機関先(第4回締め切り分6社)

 

今回認定機関先(第3回締め切り分10社)

   

 

今回認定機関先(第2回締め切り分6社)

 一番下のユーズテックは私が非常勤役員で入っている会社で医療ITの開発をしています。

 

第1回締め切り分(7社)

事業再構築補助今回認定機関先(第2回締め切り分6社)金の採択結果出る!全国でマニュアル活用先&認定機関になった先で7社認定を受けました。すべて成功報酬一切なしのマニュアル代(一部添削実施)だけです。

通常枠 

(コロナで困った飲食業のためにレトルト工場を作られます)

 

緊急事態枠

 

 

「直ぐ作れる事業再構築 事業計画書セット販売」

 A.事業再構築補助金 事業計画書作成マニュアル(虎の巻)

B.新サービス「一緒に作ろう事業計画書(ワークショップ)」

 セット価格 16.000円  

   

 問い合わせはここ

 

 磨き抜かれたシステム

 
 過去の採択実績より確実な評点アップのポイントがあります。
 
 テクニックではありません、ロジックです!
 
 

今後、ビジネスでウイングを広くとっているアメブロの千の扉と連動していきます。  千の扉  ここ

 

 

 

 


MENU

会社概要

株式会社西河マネジメントセンター
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403