補助金キラーサイト 株式会社西河マネジメントセンター

西河マネジメントセンター 最新NEWS 6.1 CFO活用編4


 動画NEWS 6.1

 

 

 

株式会社西河マネジメントセンター設立しました。   

 

 

労務監査サービスのお問い合わせはここ

パート就業規則作成サービスはここ

ミニマム法人作成サービスはここ

7月発売 CFO関連図書

 

現在のCFOの問題点4

ビッグデータ・集合知とCFO

 

本書でのCFO活用の最終形は、CFOが外部者で、複数の企業のCFOを担当するという話です。

この形態が、ビッグデータ・集合知と繋がっていきます。

   

 

まず、このうち、複数社の財務を外部で受け持つというのは、この職種のプロ化を想定しています。

以前、飲食業の事例を示しました。

コロナ期に真っ先に、倒れたのは多店舗化で資金繰りを自転車操業で回していた事業者で平常は余分資金がないという飲食業でした。

このようなケース、資金繰り原則は、月中支払いの数月分を持てというものですので、低減する体制を持っていれば、飲食業界のおかしさの気づきがあり、予防できたのかもしれません。

 

次にビッグデータ・集合知との関係を説明します。

ビッグデータとは組織が非常に大きなデータセットとそれらが保存されている施設を作成、操作、および管理できるようにするすべての技術を指します 。

このビッグデータで健全企業の財務データの桂子内を出して、そこへ、誘導しようとしたのが、国のローカルベンチマーキングです。

現状ではあまり機能してません。それを理解する人が、前に押さないからです。

その役目を外部CFOが担って欲しいのです。

 

集合知とは多くの人の知識が蓄積したものです。

企業には、前向きな部分と、後ろ向きの部分が混在しています。

そこで、CFOが各企業の前向きな部分を引き出していこうという戦略です。

第二部で説明するFCでは、業績を伸ばしているところは、本部であるザーと加盟店であるジーがともにアイデアを出し合い、学びあっているところです。

その逆の業績を落としているところのザーとじーの関係は言わずもがなで分かりますでしょう?

日々どのような思考法で活動するかは累積効果がありますので効くのです。

 

ここで、外部CFOが複数社を受け持つとなると、各企業の情報守秘はどうなるのだろうかと疑問に思われるかもしれません。

当然の疑問です。

まず、個別企業の製品・サービスなどの情報とうまく行ったという経験則は分けて考えるべきです。

このうまく行ったという経験則は、紹介しあってお互いに高めていけばよいというのが私の意見です。

ここに壁を作ってしまえば、世の中は良くなりません。

CFOのモラルというのが重要になります。

また、このような複合取引の場合、利益相反行為の禁止というのがあります。

一方の利益を高めることが、もう一方の契約の利益を同時に低めることになってしまうケースの予防です。

コンサルタントの契約原則で重視される法則の1業種1契約を守ればこの矛盾はクリアーできるのではないかと前向きにとらえています。

 

  続く

 

中小企業診断士試験ブログより経営のセンスを磨こう! ここ

 

 

 

 

 

 

  

第9次分 ものづくり補助金GET2社です。

 

 

 

事業再構築補助金第4回採択発表
支援機関として全国で6社採択受けました。
これで年度通算29社になりました。
 

今回認定機関先(第4回締め切り分6社)

 

今回認定機関先(第3回締め切り分10社)

   

 

今回認定機関先(第2回締め切り分6社)

 一番下のユーズテックは私が非常勤役員で入っている会社で医療ITの開発をしています。

 

第1回締め切り分(7社)

事業再構築補助今回認定機関先(第2回締め切り分6社)金の採択結果出る!全国でマニュアル活用先&認定機関になった先で7社認定を受けました。すべて成功報酬一切なしのマニュアル代(一部添削実施)だけです。

通常枠 

(コロナで困った飲食業のためにレトルト工場を作られます)

 

緊急事態枠

 

 

「直ぐ作れる事業再構築 事業計画書セット販売」

 A.事業再構築補助金 事業計画書作成マニュアル(虎の巻)

B.新サービス「一緒に作ろう事業計画書(ワークショップ)」

 セット価格 16.000円  

   

 問い合わせはここ

 

 磨き抜かれたシステム

 
 過去の採択実績より確実な評点アップのポイントがあります。
 
 テクニックではありません、ロジックです!
 
 

今後、ビジネスでウイングを広くとっているアメブロの千の扉と連動していきます。  千の扉  ここ

 

 

 

 


MENU

会社概要

株式会社西河マネジメントセンター
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403