補助金キラーサイト 株式会社西河マネジメントセンター

西河マネジメントセンター 最新NEWS 5.21 CFO活用編2


動画NEWS 5.22

株式会社西河マネジメントセンター設立しました。 

 

 

労務監査サービスのお問い合わせはここ

パート就業規則作成サービスはここ

ミニマム法人作成サービスはここ

 

 

 現在のCFOの問題点 

現在このCFOの名称使っている企業はどうでしょう?

特段うまく行っている企業はありません。

では、どのような動機でその会社はCFOという名称を使ったのでしょうか?

最も大きな動機は会社全体を見て、機動的に策を打って欲しいというものではなかったでしょうか?

結局従来の財務部長の仕事から抜け出せていないのではないのでしょうか?

では、なぜ、CFOの仕組みがうまく機能しないのでしょうか?

理由は3つあります。

 

|羮企業は社長の一存で全て決まってしまうので、その他の肩書の制度を作っても意味がない。

同じく制度を作っても業務としては、財務部長の枠を出ない。

自由に腕前を振るえるポジションが仮に出来たとしても、財務戦略において、発想がわかない。

というようなところでしょう!

 

このような課題がある場合、対策はどのようなものになるのでしょうか?

ひとつはCFOが従来の経営改善の手法にとらわれず、自由な発想で活動することなのですが、もうひとつ、社長がそれを受け入れる度量を示すということです。

うまくいかない要因より、こちらの方が重要です。

これからのこのシリーズは中小企業での(外部)CFOの活躍というテーマと表裏一体の中小企業の社長が自分以外の人の考えを取り入れてみるということを一大テーマとしています。

 

そこで提唱するのがEXーCFOです。

EXは広い意味では「特別な」という意味になりますが、狭義には「外部の」ということです。

この「外部」という意図は、

*冷静な目で会社を見られる

*社長の影響力を薄めることできる

というメリットがあります。

しかし、経営コンサルタントとは一線を画します。

これは後述します。

外部であるメリットの発展形として外部である意義としてAI・ビッグデータの活用までを想定しています。

 

外部の人ということは、複数社を受け持つCFO専門家をイメージしています。

 この図を見てください。

 外部からの方がこの世の中の潮流や、ブルーオーシャンのじょうきょうがよくみえます。

 また、財務誘導などにおいても業界にどっぷりつかっていては逆に見えなくなる部分で出てきます。

 

 

続く

 

 

 

 

 

 

  

第9次分 ものづくり補助金GET2社です。

 

 

 

事業再構築補助金第4回採択発表
支援機関として全国で6社採択受けました。
これで年度通算29社になりました。
 

今回認定機関先(第4回締め切り分6社)

 

今回認定機関先(第3回締め切り分10社)

   

 

今回認定機関先(第2回締め切り分6社)

 一番下のユーズテックは私が非常勤役員で入っている会社で医療ITの開発をしています。

 

第1回締め切り分(7社)

事業再構築補助今回認定機関先(第2回締め切り分6社)金の採択結果出る!全国でマニュアル活用先&認定機関になった先で7社認定を受けました。すべて成功報酬一切なしのマニュアル代(一部添削実施)だけです。

通常枠 

(コロナで困った飲食業のためにレトルト工場を作られます)

 

緊急事態枠

 

 

「直ぐ作れる事業再構築 事業計画書セット販売」

 A.事業再構築補助金 事業計画書作成マニュアル(虎の巻)

B.新サービス「一緒に作ろう事業計画書(ワークショップ)」

 セット価格 16.000円  

   

 問い合わせはここ

 

 磨き抜かれたシステム

 
 過去の採択実績より確実な評点アップのポイントがあります。
 
 テクニックではありません、ロジックです!
 
 

今後、ビジネスでウイングを広くとっているアメブロの千の扉と連動していきます。  千の扉  ここ

 

 

 

 


MENU

会社概要

株式会社西河マネジメントセンター
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403