補助金キラーサイト 西河経営・労務管理事務所

事業再構築補助金特集50 事業再構築補助金 取り組むマインド


 不採択になった人のための無料診断の問い合わせコーナーここ

 

 

 

1.事業再構築補助金 取り組むマインド

 


競争に打ち勝て!

同一補助金リピートはするな

たかが補助金、されど補助金
 


(1)オーデイションに打ち勝て


オーデイションはオーデイションと割り切って勝ち抜けばよいのです。
そして、落ちたら捲土重来を期して、再挑戦すれば良いのです。
落ちたことで必要以上に落ち込むことはありません。採択率30%の補助金は半数以上が落ちるのです。
そのために
・経営力を上げて
・プラン内容を練り直して
レベルアップして臨めば良いのです。
そこを、このコンサルがダメだったので、今回はあのコンサルでというのは間違っていませんか?

(2)リピートはするな


リピートとは過去採択を受けた補助金に再度挑戦することです。
これは、所管は本来、事業期間が重なる場合以外は、基本的に申請を妨げられません。
しかし、一定の補助金のリピート活用に勢力をつぎ込むのは良くありません。
事業の第一義は儲けを出して、継続して行くことです。
そう考えると支援策にばかりよりかかる体制は、事業体を強くすることに相反します。
採択が目的ではなく計画を実践して学ぶことにこそ意味があると考えると次第にずれてくるのです。
そこで、様々な課題が出て、それを解決して行くことこそ意味があるのです。補助金申請テクニックばかり強くなるなと言うことが言いたいわけです。手段を目的化するなということで、最も重要なのことは本業で稼ぐ力を力をつけることです。

(3)たかが補助金、されど補助金


私がた思いは、補助金申請という行為を「鬼っ子」にしたくないということです。
「鬼っ子」とは、その実態以上に恐れなどを抱いてしまう心理を示します。
この補助金申請だけなく、中小企業は自社業務の中でこの鬼っ子の仕事を作ってはいけません。
社員が変な恐れを抱いてしまい余計にミスします。いやその前に、その仕事を担当したくなくなります。
そのために補助金の真の姿を隠すところなく説明してきたつもりです。

そして、「たかが補助金、されど補助金」のマインドで臨んでください。
たかがの部分は、本書で説明してきました。単純な採点システムなどです。
されどの部分は
*がんばっても採択率の30%の補助金は落ちる事業所の方が多い
そして
*補助金は採択後に事業成果を出して初めて意味がある

ということです。

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

2.実績 NEWS

事業再構築補助金の採択結果出る!全国でマニュアル活用先&認定機関になった先で7社認定を受けました。すべて成功報酬一切なしのマニュアル代(一部添削実施)だけです。

通常枠 

(コロナで困った飲食業のためにレトルト工場を作られます)

 

緊急事態枠

 

 認定機関としての実績   

    

  下はうどん屋さんです。

うどん屋さん個人企業が戦略性と経営革新の考え方で新ものづくり補助金最終で採択されました。

        

 

 

3.問い合わせのしやすいセット販売を開始

これで、コンサルを受けているのとほぼ同じ効果になります。

 

「直ぐ作れる事業再構築 事業計画書セット販売」

 A.事業再構築補助金 事業計画書作成マニュアル(虎の巻)

B.新サービス「一緒に作ろう事業計画書(ワークショップ)」

 セット価格 16.000円  

   

 問い合わせはここ

 

 磨き抜かれたシステム

 
 過去の採択実績より確実な評点アップのポイントがあります。
 
 テクニックではありません、ロジックです!
 
 
 
 
 
 
 

 しっかりとした理論と確かな実績

 
 書籍で補助金理論纏めています
  
     

 

新サービスマニュアル 事業再構築補助金「一緒に作ろう事業計画書(ワークショップ)」

パワーポイントと(限定)動画解説

販売対象 一般事業主(コンサルタントは購入不可)

特徴 事業計画書に込める5つの差別化ポイントを作ります

限定配信動画で分かりやすい説明

価格 11000円(税含む)

限定 30部

問い合わせはここ

 

 

 

 

 

 

 


MENU

会社概要

西河経営・労務管理事務所
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403