補助金キラーサイト 西河経営・労務管理事務所

事業再構築補助金特集47 補助金解説  補助金の世界はある種のプラットフオーム


 不採択になった人のための無料診断の問い合わせコーナーここ

 

1.補助金の世界はある種のプラットフオーム!

補助金の世界は試験ですが、それは、そのプラットフオームに入れるかという試験です。

そこの入るためにはそれぞれのプライヤーの役割を知る必要があります。

その役割(マナー)を知っておくことが、採択の秘訣です。

その内側の仕組みをシリーズで説明します。

では1回目は6人のプレイヤーの概説です。

(1)政治家

補助金の世界は官僚のペースで進んでいるので政治家の発言はあまり信じてはいけません。
なぜ、補正予算で積まれる補助金が多いのでしょう?
次に素朴な疑問で、なぜ、ものづくり補助金は経常的に実施しているのになぜいまだに補正予算なのでしょうか?
補正予算計上と言うことが影響しているのか?中身は全く同じなのに名称は毎年細かく変えています。
これは、本体予算をスリムにしたいというあまり意味のない理由からです。
これにより、特に不採択結果を受けた事業者は次の年度の計画が立てにくくなtっています。

(2)官僚 政策立案者

その省庁の補助金の補助金制度を含めて、政策立案の役目を担っています。
前項で書いたように中小企業支援のフイールドはすべてここで立案されます。
補助金成果は基本的に申請件数で見ます。多ければ中小企業を支援したとみなします。

(3)補助金所管

補助金所管は、公募要項を出して、申請期限までに、申請書集めて、許される期限までに、審査を終えて採択結果を出すという一連の業務を請け負うゼネコンのようなものです。
ここで、注意ポイントは審査そのものは外部専門家に外注するということです。
その評価を集計して、足切りして、採択者を出すと言うシステム的・機械的なやり方です。

(4)審査担当専門家

これは、主に中小企業診断士が当たるケースが多いです。ポイントは、偏りを防ぐために1社、複数の審査員が評価するということです。
中小企業診断士には経営管理系のキャリアの人と技術畑の人がいるということで、評価が割れるケースもあります。この評価の違いは見る視点の差なので、合理的な評価差です。

(5)コンサルタント

フィーは、補助金受給額の10%が多いゾーンです。その上に、申請までのサポート料を取る人もいます。(ちなみに、厚生労働省の助成金の方は20〜30%が多いです)。設備投資等、経済産業省の補助金の場合、お金が必ずキャッシュアウトします。
採択されてから払える、払えないのトラブルも多くなっています。

ネットで露出されるコンサルタントの採択率と言うのは嘘(誇大広告)が多くあります。
*補助金の採択率は30%程度である
*審査側がコンサル代筆対策を徹底的に取っている

と考えると、採択率は100%に近いと言うのは、冷静に考えて「無理」だと思いませんか?これも貴方の判断に委ねます。

 

(6)申請事業主

一般事業主は補助金に対して、必要以上の苦手意識を持っています。それがコンサルタントにとっては稼ぎのネタなのですが、制度が複雑になるにつれ、コンサルタントへの委託はやむを得ない面もあります。
動機で一番多いのは、知っている会社がその補助金を取ったのでという支援の横並び意識です。

一般的に補助金申請で事業内容、計画内容を書くのに苦手意識があります。

   

 

 

 

 

 

 

 

2.実績 NEWS

事業再構築補助金の採択結果出る!全国でマニュアル活用先&認定機関になった先で7社認定を受けました。すべて成功報酬一切なしのマニュアル代(一部添削実施)だけです。

通常枠 

(コロナで困った飲食業のためにレトルト工場を作られます)

 

緊急事態枠

 

 認定機関としての実績   

    

  下はうどん屋さんです。

うどん屋さん個人企業が戦略性と経営革新の考え方で新ものづくり補助金最終で採択されました。

        

 

 

3.問い合わせのしやすいセット販売を開始

これで、コンサルを受けているのとほぼ同じ効果になります。

 

「直ぐ作れる事業再構築 事業計画書セット販売」

 A.事業再構築補助金 事業計画書作成マニュアル(虎の巻)

B.新サービス「一緒に作ろう事業計画書(ワークショップ)」

 セット価格 16.000円  

   

 問い合わせはここ

 

 磨き抜かれたシステム

 
 過去の採択実績より確実な評点アップのポイントがあります。
 
 テクニックではありません、ロジックです!
 
 
 
 
 
 
 

 しっかりとした理論と確かな実績

 
 書籍で補助金理論纏めています
  
     

 

新サービスマニュアル 事業再構築補助金「一緒に作ろう事業計画書(ワークショップ)」

パワーポイントと(限定)動画解説

販売対象 一般事業主(コンサルタントは購入不可)

特徴 事業計画書に込める5つの差別化ポイントを作ります

限定配信動画で分かりやすい説明

価格 11000円(税含む)

限定 30部

問い合わせはここ

 

 

 

 

 

 

 


MENU

会社概要

西河経営・労務管理事務所
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403