補助金キラーサイト 西河経営・労務管理事務所

事業再構築補助金特集43 第3回公募情報 深い分析


不採択になった人のための無料診断は8月1日より問い合わせコーナーを開設します。ここ

1.どちらのスタンスで行くべきか?

AとB

A どうしてもこの補助金が欲しいので「それ仕様」の事業をする
B この事業はすることが決まっているので合う支援策があれば活用する
どちらが補助金通りやすいか?
Aです、Bと思われた方は×
志望者が多くなるとオーデイションの法則が働き、それに合わせようと言う熱が過熱するので、その中から選ばれるのです。
 
多くの人がこれを勘違いしています。もっと現状のオーデイション状態を理解すべきです。
 
これは買い手市場の就職面接も同じですね
売り手市場と買い手市場で大きく状況は変わるのです。
 
そういう傾向が出ると言うことで、これでますます日本は状況が悪くなっていくわけですが

 

2.第3回公募情報出る  制度改定の意味

  

 

 制度改正の読み方

 公募の制度改正情報が出た場合には、テクニックとしてはそれに合わせるだけでは足りずなぜそうなったのかを考える必要があります。

 それこそが傾向と対策です。

 以下の情報から、次のことが読み取れます。

 *政府はこのコロナ禍状態が続くとみています。→緊急枠の継続や、遡及事項の継続

 *人の雇用が危機に瀕するとみています。→よって、最低賃金枠の不正や、大幅賃金引上げ枠の未達はペナルテイが大きいと読むべきです。

  *通常枠の人数による限度額設定→あまりにひどい「器志向」の案を出すなという誘導策なので、規模に見合った補助金申請しか通りません。 

 いずれにしても、国は補助金申請における申請数を人気バローメーターとみています。よって今回はある意味、大成功とみています。来年度も何らかの形でこの制度は継続します。予算規模は縮小しても

 

第3回公募制度改定要綱

通常枠20人以下は上限4,000万円
51人以上は上限8,000万へ(但し6000万円を超えた部分は1/2)
 

 

緊急事態宣言特別枠は継続。ただし同様の上限金額で最低賃金枠が登場。

売上減少要件が緩和。
2020年4月以降の連続する6ヶ月の任意の3ヶ月合計10%減少
+2020年10月以降の連続する6ヶ月の任意の3ヶ月合計5%減少
 
 

  売上高等減少要件は「売上高に代えて付加価値額を用いることも可能です」!! 


 事前着手も2/15〜で変更なし
 
新規性要件に「2020年4月以降に新たに取り組んでいる事業について、「新規性」を有するものとみなします。」の記載(変更点はおそらくここだけ)。

 

 

 

3.実績 NEWS

事業再構築補助金の採択結果出る!全国でマニュアル活用先&認定機関になった先で7社認定を受けました。すべて成功報酬一切なしのマニュアル代(一部添削実施)だけです。

通常枠 

(コロナで困った飲食業のためにレトルト工場を作られます)

 

緊急事態枠

 

 認定機関としての実績   

    

  下はうどん屋さんです。

うどん屋さん個人企業が戦略性と経営革新の考え方で新ものづくり補助金最終で採択されました。

        

 

 

4.問い合わせのしやすいセット販売を開始

これで、コンサルを受けているのとほぼ同じ効果になります。

 

「直ぐ作れる事業再構築 事業計画書セット販売」

 A.事業再構築補助金 事業計画書作成マニュアル(虎の巻)

B.新サービス「一緒に作ろう事業計画書(ワークショップ)」

 セット価格 16.000円  

   

 問い合わせはここ

 

 磨き抜かれたシステム

 
 過去の採択実績より確実な評点アップのポイントがあります。
 
 テクニックではありません、ロジックです!
 
 
 
 
 
 
 

 しっかりとした理論と確かな実績

 
 書籍で補助金理論纏めています
  
     

 

新サービスマニュアル 事業再構築補助金「一緒に作ろう事業計画書(ワークショップ)」

パワーポイントと(限定)動画解説

販売対象 一般事業主(コンサルタントは購入不可)

特徴 事業計画書に込める5つの差別化ポイントを作ります

限定配信動画で分かりやすい説明

価格 11000円(税含む)

限定 30部

問い合わせはここ

 

 

 

 

 

 

 


MENU

会社概要

西河経営・労務管理事務所
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403