補助金キラーサイト 西河経営・労務管理事務所

士業の改革 第3部 実務編2 スキームを考える


速報!

大型補助金「事業再構築補助金」のモデル申請書の研究

書籍 非接触ビジネス推進と事業再構築〜事業モデル化と事業再構築補助金の研究〜

西河 豊 秦 博雅 著

4月発売!コロナに負けない事業再構築を!

***

士業の改革 実務編2

事業スキームの考える時の要素

では、コンサルスキームを非接触で考える時の

・メリット・デメリット

・付加するサービス

・取り組みのステップ

を考えてみましょう!

1.非接触のメリット・デメリット


(1)非接触ビジネスモデル転換のメリット

^榮阿良要が無くなる
広さ、立地という制約が無くなる
システム導入による部署連携によるスムーズな顧客対応や情報共有が可能になる
       
        
(2)非接触ビジネスのデメリット・限界

.灰潺絅縫院璽轡腑鵐蹈垢発生する
⊂Ψが広がる分、差別化の要素が必要
Cもがシステムを使いこなせるわけではない

2.非接触ならではの+αを加えよ!

(1)分かりやすいプレリリース
例えばZOOMセミナーの場合、先生のそのセミナーの要約動画を撮り、無料プレリリース配信すれば、興味を持った人を次の段階(本番受講)にどんどん乗って貰えます。
こういうことは、考えれば出てくる通常の営業努力です。
それが、単純なシステム変更と考えるので出てこないのです。

(2)御土産をつけよ
これもセミナーの事例ですが、アドバイスとしては、事前に出席予定者にわざわざ送るべきです。
そんなことしたらコスト面では?というようなことを言っている場合ではありません。
今後、リモートでのセミナーの集客競争が起こるので、まずは、フアンを掴むべきです。

(3)小パック化せよ
動画掲載などを見ていると長すぎるものが多くあります。
それが、無料閲覧であっても多くの人は出だしだけしか見ません。細かく分けるべきです。


3.非接触ビジネスを考えるステップ

自社のビジネスを非接触ビジネスに転換していくということを考えた場合のステップの一例をまとめました。多くの場合には、誰も見たことがないビジネスアイデアを考える必要はありません。他社の取り組みを真似ていくだけで良いのです。しかしながら、表面的に真似をしても成功はしません。他社の事例を元に自社の状況に合わせたカスタマイズが必要です。

(1)自社の強みと弱みを洗い出す

自社の強みと弱みをもとにビジネスモデルを考える必要があります。特に自社と競合を比べたときの競争優位性がどこにあるのかということを分析する必要があります。分析には、VRIO分析が有効です。
競合他社と競合優位性にある自社の本質的な価値は何であるかということを見極め、新しいビジネスに繋げていく必要があります。
 

(2)ターゲット
ビジネスのターゲットとして、年齢、性別などの属性を設定するのは当然のことながら、非接触ビジネスの展開においては、初回利用者とリピート利用者、既存顧客のITレベルを設定属性として追加すべきです。
ビジネスモデルによっては、初回利用者へのアプローチは難しいというケースも多々あります。初回は対面にて商品説明をおこない、リピート注文のみをECサイトで注文を受けるという方法も有効な方法です。

(3)競合の設定
インターネット販売をおこなう場合に特に注意しないといけないのが競合の設定です。リアルでの営業活動をしている場合には、同じ商圏にある競合に注意しておけば良かった事業者も日本全国の同業種を注意しないといけなくなります。

 

続く

***テキスト***

今シリーズの基本テキストは以下の2冊です。

「集客の新理論」

〜レバレッジ経営が生き残りのカギ!〜

三恵社 1700円 税別

http://www.keiei.ne.jp/company/nishi/inquiry.html fid=10156525

「士業の集客とコンサル技術」

〜税理士・弁護士にも適応〜

三恵社 1,600円+税別

http://www.keiei.ne.jp/company/nishi/inquiry.html fid=10156565

 

 

***

2020年のわが事務所の歩み

1〜3月 世の中の異変を感じ、事務所の戦略を見直そうと

・経営力向上計画・経営革新法・BPC計画を策定して認定を受ける

・持続化補助金を「助成金サブスクリプションの推進」で採択受ける

・コロナの余波で、受注済みの案件の解約を受けて資金が逆流して、日本政策金融公庫、保証協会セーフテイネット融資を受け、ピンチを切り抜ける。

・「補助金に頼らない経営戦略」を出版する 9月

・コラムの特集をWITHコロナ時代の経営戦略に絞り掲載する

 

 

 


MENU

会社概要

西河経営・労務管理事務所
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403