補助金キラーサイト 西河経営・労務管理事務所

士業の改革 第3部 実務編 スキームを考える


速報!

大型補助金「事業再構築補助金」のモデル申請書の研究

書籍 非接触ビジネス推進と事業再構築〜事業モデル化と事業再構築補助金の研究〜

西河 豊 秦 博雅 著

4月発売!コロナに負けない事業再構築を!

***

士業の改革 実務編1

スキームを描け!

訪問、あるいは、集客からリモート(非接触)へのシフトはそう簡単なものではありません。

まず、自分のイメージで結構ですので、お客さんに上って貰う階段のスキームを描いてください。

これは、従来のネットマーケテイングでは漏斗のイメージで言われてきました。

しかし、私は階段を上って貰うというイメージの方が良いのではないかと思っています。

階段システムと言うのは私が3年前の「集客の新理論」という著書で初めて示した造語です。        
今回は、競争環境が厳しいので、それぞれの階段に雪の山と言うクライアント側からみると高いハードルがあると感じてください。        

 

 

コロナ期でコンサルタントは一斉にリモートでの研修・セミナーを始めました。

1件当たりの集客数は驚くほど低いと思います。それほどに競争が激しいのです。

登って貰うには、その雪を溶かすくらいの熱意と投資が必要です。

それほどの熱意を継続的に持てるでしょうか?        

苦難があるからこそ、ライバルはどんどん挫折して減って行くでしょう。
そこを我慢できたところだけがこれを成し遂げられます。

その階段の先にあるのは何でしょうか?
それは、発信者側のブランドです。それがないとお客さんは階段を昇ってきません。

効果を出すためには時間が必要となります。

FACEBOOKやTWITTERはその登って来る客さんの背中を押す風の程度のもので、それが、決め手とはなりません。

このスキームをしっかり理解したら、階段の途中でパッケージもの(例えば有料資料など)で収益を得る方法もあります。
そのためには投資も必要となります。ソフトや広報の経費です。

どんどん階段を上がって貰うにはどうしたらいいでしょうか?
複数の人を肩を同時に押すのです。そのためのツールも多くあります。

続く

***テキスト***

今シリーズの基本テキストは以下の2冊です。

「集客の新理論」

〜レバレッジ経営が生き残りのカギ!〜

三恵社 1700円 税別

http://www.keiei.ne.jp/company/nishi/inquiry.html fid=10156525

「士業の集客とコンサル技術」

〜税理士・弁護士にも適応〜

三恵社 1,600円+税別

http://www.keiei.ne.jp/company/nishi/inquiry.html fid=10156565

 

 

***

2020年のわが事務所の歩み

1〜3月 世の中の異変を感じ、事務所の戦略を見直そうと

・経営力向上計画・経営革新法・BPC計画を策定して認定を受ける

・持続化補助金を「助成金サブスクリプションの推進」で採択受ける

・コロナの余波で、受注済みの案件の解約を受けて資金が逆流して、日本政策金融公庫、保証協会セーフテイネット融資を受け、ピンチを切り抜ける。

・「補助金に頼らない経営戦略」を出版する 9月

・コラムの特集をWITHコロナ時代の経営戦略に絞り掲載する

 

 

 


MENU

会社概要

西河経営・労務管理事務所
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403