補助金キラーサイト 西河経営・労務管理事務所

士業の改革 第2部 革命編14  まとめ


速報!

大型補助金「事業再構築補助金」のモデル申請書の研究

書籍 非接触ビジネス推進と事業再構築〜事業モデル化と事業再構築補助金の研究〜

西河 豊 秦 博雅 著

4月発売!コロナに負けない事業再構築を!

***

士業の改革 革命編14

発想転換 まとめ

士業の改革の改革編として新たなマーケテイング法、集客法について必要なものを解説してきました。

*つながりのステージ
*ハイタッチ(触れ合い)
*コンプライアンス
*フイルタリング費用(問合せ、注文を処理する費用)
*LP(商品頁)
*新たな手法にあった管理帳票
と説明してきました。

これらの整備はヤル気さえあれば出来るものであり、他のセミナーでも言っていることです。

では、なぜ、ほとんどの人は出来ないのでしょうか?

通常足りないものが2つあります。
それは
*商品とするものがない
*それが売れだすまでの時間が待てない
の2つです。

ここをクリアーすれば、大きなチャンスがあるのに我慢できないのです。

捕捉します。


まず、商品は自分の興味ややってきたこと(キャリア)とリンクしないといけません。

好きなことでないと、情報発信のネタがすぐ尽きます。尽きても好きなことならまだ、なんとかなります。

こういうケースもあります。開業セミナーで、上記のような好きでもない商材で、上記のような条件整備だけした結果、問い合わせが殺到した。しかし、好きでもない分野なので、そのやり方について精通もしていないし、ノウハウもない。そこでどうしようもなくなって夜逃げする・・・という事例は結構多いのです。

では、第3部の実業編は、この課題のマインドの保ち方も含めて、実際どうやって事業構築して行くのかを順を追って説明します。

急報

4月に
非接触ビジネスの推進と事業再構築
〜事業モデルと事業再構築補助金の研究〜

を発刊して、申請書の書き方を最速でお知らせするのに続き、5月に

補助金の真実
〜コンサルに頼まない方が補助金の採択率が高いって知ってますか?〜

を発刊します。

という題で近年起っている
*コンサルを通さない本人自筆申請の方が補助金は採択される可能性が高い理由の解説
*では、どうしたら、自力で補助金採択まで持って行けるのか?の解説
をじっくり理解して貰います。

このコンサルを通さない方が採択されると言うのは信じられないかもしれませんが、今回の持続化補助金結果発表で明らかになっています。

嘘だと思う方はお近くの商工会議所・商工会の職員に聞いてみてください!

 

 

***テキスト***

今シリーズの基本テキストは以下の2冊です。

「集客の新理論」

〜レバレッジ経営が生き残りのカギ!〜

三恵社 1700円 税別

http://www.keiei.ne.jp/company/nishi/inquiry.html fid=10156525

「士業の集客とコンサル技術」

〜税理士・弁護士にも適応〜

三恵社 1,600円+税別

http://www.keiei.ne.jp/company/nishi/inquiry.html fid=10156565

 

 

***

2020年のわが事務所の歩み

1〜3月 世の中の異変を感じ、事務所の戦略を見直そうと

・経営力向上計画・経営革新法・BPC計画を策定して認定を受ける

・持続化補助金を「助成金サブスクリプションの推進」で採択受ける

・コロナの余波で、受注済みの案件の解約を受けて資金が逆流して、日本政策金融公庫、保証協会セーフテイネット融資を受け、ピンチを切り抜ける。

・「補助金に頼らない経営戦略」を出版する 9月

・コラムの特集をWITHコロナ時代の経営戦略に絞り掲載する

 

 

 


MENU

会社概要

西河経営・労務管理事務所
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403