補助金キラーサイト 西河経営・労務管理事務所

次なる学習分野は? / 雇用調整助成金のマニュアルを無料発刊


事業主が今、学習すべき分野

この時期に、事業主が学習すべき分余とは何なのでしょうか?それは、こんかいマニュアルで解説したような中小企業施策の本旨です。小手先のテクニカルなところを覚えても意味は薄くなります。そして、実額としての資金繰りです。誰かに任せておけることではないことが分かりました。

最後に何が必要なのだろうと、真剣に考えて、結論は出ました。それは、プログラミングの基礎、原理です。プログラミングがかけるようになれということを言いたいわけではありません。自社データを使い何が出来るようになるのか、マーケテイングをかけていくためにどのようなプログラムが必要かの知識です。

今後、若手社員の中にはこのような知識を持って入社してくる人もいます。しかし、トップ・幹部がそのなんたるかを知らないと非常にもったいないことになりますし、旧態依然の会社だと思われ辞めてしまうかもしれません。

では、プログラミングと経営戦略の接点は何なのでしょうか?

それは

・ケースを漏れなく考える

・ロジックで考える

ということです。私は、経営戦略にモラルを持ち込むな。体育会系精神を持ち込むなと繰り返してきました。

これを機にプログラミングとのリンクでそれをより一層進める予定です。ともに勉強しましょう!

補助金キラーサイトで特集を掲載する予定です。

 

緊急連絡 雇用調整助成金のマニュアルを無料発刊!ただし・・・

 

緊急レポートはこれで最後と書きましたが、実は、もう1種!笑い

今問題になっている雇用調整助成金について

「雇用調整助成金これがツボ!」

というテーマで

・全体スキーム

・間違いやすいポイント

・なぜ社会保険労務士がやらないのか?

を解説したレポートを出します。

ただし、下に書きましたように補助金を得ましたのでFB広告のみで広告するかもしれません。

それを読んでいただいた方にはメルマガでもその内容が届き、最終的に有料情報会員になりませんか?というお尋ねが行く形です。

ご安心ください

何を安心してくれと言うのかというと私の書いていることは全て経験したこと、実践したことから言っているということです。

上記に説明した内容で経営革新法と、今回は持続化補助金を通しました。国のお墨付きの上で進んでいるということです。

 

 

 

 

***

eラーニングコース紹介

今何をすべきでしょうか?
当然、企業存続のために手を打つというのが第一ですね

資金繰りが一番手です。

次に今意外と忘れているのは時間という経営資源です。


新型コロナに商品・サービスは受けていない企業もあります。

しかしそんななところも含めてテレワーク・自宅待機策を多くがとっていますね

 

こうなると会社を強くして他社差別化図るには経営者もスタッフも勉強しかありません!

最適の教材があります!

西河マネジメントセンターの

eラーニング「財務管理」10時間コース
      
eラーニング 「能率アップ研修コース」10時間コース

eラーニング「労務管理」講座 10時間コース
    
eラーニング「マーケテイング」講座 11時間コース
  

雇用調整 研修コースにも適応可能です!

 

新シリーズ 

では、これから5回で、

・借入
・補助金
・助成金
・給付金
に関する基本的な考え方を解説しようと思います。5回としたのは、総合編として1回書こうと思っています。

それが終わると、多少、スプリチュアルなとこにまで、踏み込んでマインドの持って行き方を説明します。
これをもって、ちょっと宗教的な方向に行っているなと感じられる方は読まなくて結構です。

しかし、昔から読んでいただいている読者の方は、そういう意図はないことは理解していただけると思います。
この時代、気持ちの持って行き方が重要であることは分かっていただけると思います。

 

その他の無料商材

戦略の流儀と言う戦略構築のレポート発刊しました。

無料です。ここ

 

今回、盛んに言われているテレワークの戦略構築資料と合わせて活用いただくと効果が増します。無料です。

ここ

 


MENU

会社概要

西河経営・労務管理事務所
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403