補助金キラーサイト 西河経営・労務管理事務所

緊急コラム ではどうしたらいいのか?


緊急コラム

ではどうしたらいいのか?

まず、STEP1 ニュースを切り隔絶した位置に自分をおく

 

皆、ウイルスにかかる前に、別の病気になっているのです。心の病ですね、私は、そういう病気にはかかりません。

では、心の病にかならいポイントは?

具体的に申し上げます。

TVを捨ててください。私は実践者です。つけない!だめです、意志の弱い人はこれを機に捨ててください。別の病の代償は意外と大きいものですよ

NEWSは見る必要ありません。今、ワイドショー、ニュースショーは害毒となるだけです。

世間の人は、その心配なニュースに心が侵され何も手につかなくなっているんです。

名芸能人のあの人やあの人が死んだって、騒ぎが収まった後に山から下りてきた顔して「へえ〜そうなんだ、かわいそうに」で一向にかまいません、問題ありますか?

特に日曜朝の関口宏の陰気な言葉で始まるサンデーモーニングは非常に問題のある番組なのです。

左系知識人の人でさえ、騙されてあの番組のフアンが多いのです。あれは国民の味方の顔して心を反動化させる内容なのです。

ピンとこないでしょう!具体的に言いますね、週のスタートの朝にあれを見て「さあ〜元気に一週間やるぞ」とアクテイブになる人いますか。

黒板を用いたすりこみスタイルも問題あります。俺は小学生じゃない!とTV蹴飛ばしてください。

STEP2 そこそこ、分厚い本を一冊完読する。


戦略立てするには、まだ、早いです。多分無理です。この読書さえ多くの人は出来ないでしょう?それは心が上滑り、上の空になっているからです。これは、心を地につかせるという意味もあります。
読書が続かなかったら外でも走って来てください。それでだんだん、心が真っ白になって行きます。
戦略を作るのと考えながらの読書は類似行為、疑似行為なのです。他人の作った建築物をじっくりどういう設計かを見るのです。
STEP1 STEP2までやりましたか?飛び級は今回ありませんよ、読むことのできない人に書くことはできません、では、次です。

STEP3 大学ノートを一冊買ってきてここまでの反省をまとめる

書きかけのものを利用してはいけません。
真っ白からうめるのです。
何を?
・今まで、何を反省して、何を学んだかを思いつくまま書いていってください。
ここで普段、考えている人とそうでない人の差が出ます。まったく書けない人は、それを反省してください。
これで、戦略構築のためのベースが完成です。戦略構築とは儲かりそうなビジネスの分野を見つけることではありません。
自分のアクションしてきたことの反省が次を生むのです。反省すれば、金融機関も次のプランにお金を貸してくれます。
借りるとは、左右分解すると人の昔でしょ

もう、飲食業家賃支払いで首が回らなくなっている人も
真っ先に派遣切りにあった人も
先が見えないライブのイベンターも
なぜか?それは、今回のことがもっと大きいことの前触れであるかもしれないからです。
反省しない人は同じことを繰り返すから

次に、急遽作ったテレワーク体制を平常に戻るまでと考えている人と、これを機にずっとそうすると考えている人と2通りに分かれる
これは、どうしようとその起業の決断だが私自身の感覚は先程の仮説より後者が正解の様な気がします。
最後に、飲食業・ライブハウスのイベンタ―などはその形しかないので平常に戻れば、かつてと同じ形で再稼働と思っている人が多い、ちょっと待って、その考え方危険では
もう、元には戻らず、違う形でのビジネススタイルに変化していくのでは、どのように、それは、分からりません。
でも、今までは考えようともしなかった。これを機に考える人も出てくるだでしょう?

思えば流通は進んでいるようでネット販売⇒宅配という形で長く止まっています。

次がないと思うな、次の形へ革新せよ、それを考えよという神の啓示ではないのか?今回のことは

STEP4 戦略は透明であり実践して初めて評価される と認識する。


言葉を変えると、戦略軸とモラル軸は別次元と言うものです。モラル軸とは世の中に良いことすれば報われる思想です。
それを戦略と重ねようとするのがマスコミであり世間です。
だからSTEP1でニュースを見るなと言うのは、この戦略は透明性を会得するためにも必要なのです。
次に戦略は決めた時点では評価は出来ません。実行して検証してこそ意味があります。
いや、意味すらありません。結果があるのです。
人は効果が出た後で、その意味を後付けで付けます。
名をなした人は、全て、後付けで、このモラル軸と重ねて最初から善行を目指していたことにします。
稲盛さんだって本当は創業期には必死でやっていただけです。
このモラル軸=戦略軸と言うマインドコントロールは根深いのでそう簡単には外れませんよ
ここに今の世の中の混乱があります。信じていたモラル軸が壊れてしまったんですね。
だからその壊れた状態のものをNEWSで見ても何のヒントにもなりません。
(これは、再び良い世の中が来るのか?ということが課題となり、それは神はいるのかの宗教に近いものになります、そこは、今論じません)
戦略は、作成時に良し悪しの評価は出来ません。だから先日、経営革新法認定で皆さまより祝辞をいただきましたが私は実は喜んでいません。
実践して、効果測定し、それを粛々と繰り返していくだけです。

STEP5ですが、「戦略を決めてください。」

ここでのアドバイスは「貴方が自分で決めてください!」とこれだけです。
これが、今多くの人が出来ないのです。この最も肝心な部分は人に、書籍に、世間のドグマに頼るのです。
汗水たらして決めてください。*
ここまで来たら最終工程のSTEP6です。

STEP6 戦略を日々分解して実行する


それを実行してください。その際のポイントはそれを分解して、日々TO DOをリストアップして実行する。それだけです。
この分解行為も下手になってきています。このSTEP6を微妙にずらして、複数実行するのA/Bテストです。
市場の反応の良い方に寄せていくという行為ですね
で、STEP6までやったら後は、STEP3に戻り循環していきます。
単純にこれを回すだけで、驚くほど多くのことが成し遂げられ効果が目に見えてきます。

 

 

 

***NEWS***

 

戦略の流儀と言う戦略構築のレポート発刊しました。

無料です。ここ

 

今回、盛んに言われているテレワークの戦略構築資料と合わせて活用いただくと効果が増します。無料です。

ここ

 


MENU

会社概要

西河経営・労務管理事務所
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403