補助金キラーサイト 西河経営・労務管理事務所

「困っている先生業の方に」シリーズ6 特定分野が外れた場合


今回より新シリーズをお贈りします。

読み物として、レポートも発刊します。

先生業の新しい戦略です。

また、別コラムページで一般事業主対象の戦略シリーズも掲載しています。

新シリーズ「困っている先生業へ」6 特定分野が外れた場合

困っている先生方へ

お待たせしました

これまでの復習です。

特定分野に絞り、情報発信して、マネタイズ(売り上げ化)していく。

それが実るまでは、時差があるので借り入れする。

情報発信→集客→マネタイズ

の手法の注意点は

・ネット取引での完結までのスキーム作り
・煽る心理に注意
とここまで説明してきました。

次は、その特定分野ゾーンの作り方を失敗した場合です。

これは、集客出来たけど現金化できなかったと集客すらできなかったの2通りあります。

後者なら、もう一度商品作りからやり直しです。

こんなことは中小企業ならざらにあります。要するに研究開発したが市場で外れたということ

前者の集客出来たけどというパターンは、その間違った分野の近くに正解があるケースが多いので、まったく違う分野に変えるというのは間違いです。

人間の心理として、そうなりがちです。まったく分野を変えるとそこまでで掘り下げたノウハウが無駄になります。

ここで、分野を少しずらす、あるいは、売り方、価格など微妙に変えてみるという方法があります。

微調整が成功するとどっと売り上げが上がる場合があります。私の事務所がそうでした。それは、今まで集客した人がフアン化している可能性があり、波長が合った時にマネタイズのクリックボタンを押すのです。

 

 

 

 

 

 

 


MENU

会社概要

西河経営・労務管理事務所
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403