補助金キラーサイト 西河経営・労務管理事務所

経営戦略講座2 戦略の真髄は透明


今回より戦略策定シリーズをお贈りします。

読み物として、レポートも発刊します。

今こそ、事業主は、心をしっかり持って戦略を自分で組み立て、従業員をリードしましょう。

また、別コラムページで「困っている先生業へ」というシリーズも開始します。

戦略策定シリーズ2 戦略は透明

戦略は透明であるべき

スタートアップ企業を含む中小企業における大きな間違いは戦略の本質を巷間言われるところの世の中のためになるテーゼと合わせよとすることで、それで袋小路に入り込んでいる企業は多くある。

スタートアップ時においても 全く同じ傾向があり、世の中のために良いことをしているのに資金が足りないので支援してほしいという人が一斉に補助金などの国の支援策に頼りその後も効果を出せないので国の財務構造を悪くしているという形になっている。

ではここでどう考えるべきかと言うと、戦略はどうあるべきかということと世の中に貢献するというベクトルは別次元のものであり戦略は透明であるべきということである。

これを別の言い方をすると、儲かってからメセナ活動やCSR活動ができるし業務外でそのようなボランティア活動を推奨しても良い。これは違法なことをしてもよいというようなことを勧めているということでは決してない。

儲けて納税すればそれも社会貢献である。

企業体というのは最低でもコストをペイする体質にならないと社会貢献活動を目指してもナンセンスということである。


MENU

会社概要

西河経営・労務管理事務所
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403