補助金キラーサイト 西河経営・労務管理事務所

サブスクリプションサービスについて勉強しましょう!


では、今回より、新サービスで展開する(助成金)サブスクリプションサービスとは何かを説明します。

今回私が展開するサブスクリプションサービスについて勉強しましょう。

 

 

 

なんでも、動機部分が大切なので、納得してから進みましょう。

定義 サブスクリプションサービスとは単品ごとの購入ではなく、商品・サービスの一括の利用権であり、
月額会員制・課金制の組み合わせによってなる。

近況の情勢 各業種業態がこぞってこの分野に乗り出している

分析 ここから販売側の視点とお客さんの視点に分けて分析します。

サブスクリプションサービスは時代の最先端の激戦区である!

(販売者側の視点)
これは、商品・サービスの利用権を一括して契約して貰うと言うことで、販売側は、信用と商品力が必要である。ただし、選択され契約して貰えると売上の見込みが標準化された形で立つことより、経営の安定に寄与する。
その意味で重要であるので企業側は、サービスの付加価値に対価以上に力を入れている。ただ、国民の可処分所得が減っている中では、1人当たり多くのサブスクサービスは選択できないので競争は今後激化する。

(ユーザー側の視点)
販売者側の視点で説明した通り、必要以上にサービスを投下しているので単品で買うより有利となる。

サブスクリプションサービスは、新事業である。

(販売者側の視点)
従来の商品・サービスの組み合わせ程度の発想で挑むと続かない。新たなビジネススタイルとして、展開すべきである。この認識の甘い企業は既に撤退が始まっている。

第一段階はパッケージの確立であろうが、次のステージは契約している会員のニーズを聞くべきである。
その意味で、会員とのコミュニケーションが必要となる。

(ユーザー側の視点)
契約したらどんどん活用して、今後のサービスの要望も出すべきである。

不稼働会員はどうなるのか?


(販売側の視点)
不稼働会員とは、契約してお金は払っているけれどもサービスを活用しないユーザーのことである。
これには2つの答えがあり、どちらが正解とも言えない。
それは、
・働きかけて活用して貰う
・静観する
これは、実務的には最低限のサービス情報は提供しつつも、静観すると言うのが正解と言う答えになりつつある。
なぜだろうか?それは、活用するかどうかは会員側のマインドによる部分が多いからである。
ただ、不稼働部分があまりに多くなると基本サービスに問題ありとなる。


(ユーザー側の視点)
契約したら活用しないと損になります。当たり前の答えですが・・・

***

以下にサイトがリンクされていますが、そこでマニュアルを請求していただければ、そこに詳しく説明しています。

新サービスの助成金サブスクリプション開始のプレリリースのサービスサイトはここです。

 


MENU

会社概要

西河経営・労務管理事務所
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403