補助金キラーサイト 西河経営・労務管理事務所

助成金の支出の主旨3 労働環境改善


 

O働環境改善をする

ここでも考え方を説明します。

今インターバル助成金が人気です。

その中で多くの事業所が、生産性向上のための設備投資をしています。

経費補助と言って全額は出ません。3分の1なり4分の1の自己資金が要ります。

と言っても、サービス系の業種の方は

設備投資といってもイメージが湧かないと言うでしょう。

事例を出します。

進んだ飲食業はバックヤードの業務フローの最も3K部分を設備に置き換えはじめています。

客に見せる料理部分はあくまで演出です。

旅館業では、配膳を、ゴルフカートの仕組みで大宴会場まで運び、客の前に下ろすところだけを仲居さんがやります。

このハイタッチな部分を残すのも先ほどの飲食事例と同じ演出効果です。

かつての日本では設備投資といえばものを生産するためというのが100%でした。

それが今はいかに従業員の負荷を減らすかというところにシフトしているのです。

なぜ、ってそうしないともうスタッフが来ないからです。人出不足を嘆く前に来てもらうための努力をすべきです。


ここで、そうなんだと初めて、労働環境改善の設備があるんだと気付いた人は、そういうことを考えている事業主がいるということに素直に反省してください。

素直に反省することも経営では必要です。

 

今回解説のシリーズは以下マニュアルに詳細に載っています。(無料)

***

助成金の考え方のマニュアルをつくりました。

補助金でも助成金でも重要なことはその種類を覚えることではありません。

考え方を知ることです。

そこを知らないと効果が生まれないからです。

問合せはここ


助成金マニュアル PDF 7P 無料です!

◆助成金を社内活性化に生かそう

◆労働法規これだけは守ろう

初級編

〇助成金主旨を押さえましょう!

〇助成金ルールを押さえましょう!
(1)助成金上での禁止事項を覚える

(2)雇用保険払っている従業員が一人はいること

(3)制度導入などで過去一度貰った助成金は、再び貰えない

中級編

◇出す前に法的CHECKをしっかり

◇社員教育のSTORYを作る

上級編

□パッケージ化して楽しんで進めていく!

□複数事業所で団体推進コースを利用しよう


MENU

会社概要

西河経営・労務管理事務所
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403