補助金キラーサイト 西河経営・労務管理事務所

助成金申請シミュレーション 勤務間インターバル


まず、前回書いた勤務間インターバル助成金を実施した後のギフトのところの説明ですが、この認定を貰ったところだけが

(正確にいいますと労働時間短縮の職場意識改善、インターバル、労働時間上限設定の3コース)

人材確保助成金の働き方改革支援コースが申請で来て雇用一人当たりにつき60万が支給されます。

これは、このような施策を打つ企業は労働時間短縮で人材の補充が必要になると言う見立てですが、逆に言えば、このような施策をしない中小企業には雇用についての助成金は貰えなくする方向にあります。

働き方改革支援コースについての説明は回を改めます。


次に勤務間インターバル助成金の制度概説です。

労働時間短縮・生産性向上のために施策を打ち最終形として、インターバル制度を就業規則に織り込むと言うことです。

その実行計画について経費支出がある時は、

1 労務管理担当者に対する研修
2 労働者に対する研修、周知・啓発
3 外部専門家(社会保険労務士、中小企業診断士など)によるコンサルティング
4 就業規則・労使協定等の作成・変更(計画的付与制度の導入など)
5 人材確保に向けた取組
6 労務管理用ソフトウェアの導入・更新
7 労務管理用機器の導入・更新
8 デジタル式運行記録計(デジタコ)の導入・更新 
9 テレワーク用通信機器の導入・更新 
10 労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新 

という形で、4分の3、30万以上は5分の4が上限100万円まで助成されます。

計画申請する→アクションを打つ→インターバル規則を就業規則に織り込む→支給申請する と言うだけです。

簡単だと思いませんか!これ以上の詳細は、長くなりますので以下のテキストP55〜59をお読みください!

以下具体的手順は次回

 

 

***特集コラムは以下の書籍がテキストとなります***

助成金獲得へのロードマップ

〜最新助成金ラインナップ掲載〜

  

西河    豊・池田少折  [ 著 ]


助成金獲得へのロードマップ
〜最新助成金ラインナップ掲載〜


定価 1,780円( 税別 )

出版社 三恵社

内容 2019年最新情報

序章 助成金近未来予測/第1章 中小企業施策論

第2章 助成金とは/第3章 助成金のリスクとリターン

第4章 助成金申請の注意点/第5章 助成金の基本スキーム

第6章 助成金制度改訂への対応/第7章 厚生労働省のメジャーな助成金解説

20種類の主要助成金を開設

会社タイプごとの戦略を伝授

ポイントで、申請書書き方ガイドあり 問合せはここ

第8章 助成金獲得AFTER/助成金の会計処理/会計検査院の調査 

 

是非、この本で助成金のリスク個所を研究してください。

このページで予約して貰うと郵送料はかかりません。

  


MENU

会社概要

西河経営・労務管理事務所
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403