補助金キラーサイト ものづくり補助金情報中心(センター)

次の研究うテーマ・夏休みの勉強法プレリリース


次の研究うテーマ

京都の経営と女性経営者の経営の接点

早くも次の研究テーマの取材に入っています。

次の研究テーマとは京都の経営(特に女性経営者)と訴訟の予防
です。もうひとつはサイドのテーマで新人社会人の気持ちです。

まず、京都の経営ですが
・商品に遊び心を込める
・あえて敷居を高める
・伝統を大切にする
などありますが

最も経営のツボは
・旧き技術を一部生かしてイノベーションをして、現代経営に生かす。
です。

この精神は経営革新法の精神です。

京都で経営革新法とろうと思うと他府県の倍ほどは難しいです。

これは、敷居が高いということではありますが、レベルの高い部分で
フイルターをかけると言うことでは良いことだと思っています。

 また、なすべきことではなく、手を出してはいけないことを社訓にしている会社が多くあります。   

  
  女性の方が私は経営者に合っていると思っています。
それは、3点

‐暖饉毀楡が保てる
⊇跳燭侶藁鷦匆颪力罰阿離好織鵐垢鯤櫃討
女性らしい(ある種あつかましいスタンスで)営業がかけられる

というものです。

例えば△僚跳深匆颪領磴埜世Δ函男性経営者で業界団体などの
会合にまったく参加されていない方はほぼいないでしょう?

それは最新情報を貰えるという利点の代わりに、業界のしきたりを
覆す行動がとりにくくなるというデメリットがあります。

女性経営者の方がその点はフリーで、そういうものに参加せずとも
いられる強さもあります。

過去、このようなすごい女性経営者に2人出会いましたが、その
本当の経営のツボに当たる部分は理解不能でした。

分かるようなことではないのです。

その2人の女性経営者の共通点として、比較的若くして亡くなられ
ました。

天はいくつものものを与えず、まさに、短期間に事業を成し遂げる
ということに命を燃やしつくされたのでしょう?

 


ということなのですが、どちらも調べ始めたら深い深いものがあり
ひととおりのリサーチでは十分ではないことが分かり始めました。まだまだ入っていきますのでご期待ください。

夏休みのプレリリース


夏のお盆休み、年末年始、GWに体は休めても頭は休めないことを推奨しています。

そこで、8月中旬には、このサイトのコラムで勉強して貰う教材提供する予定です。

現在の集客・雇用など課題になっている点を共に考えましょう!

 具体的には動画ではなく、資料を見ながら音声を聞いて貰う形にします。

 


MENU

会社概要

ものづくり補助金情報中心(センター)
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403