補助金キラーサイト ものづくり補助金情報中心(センター)

外国人を入れるなら?こんなことを


今回より具体的に考えましょう。

□技能実習生のケース

・派遣して貰う組合の確保
まず、その実務をやっている組合に参画しなければ直接は呼べません。

・候補者選び
次に、候補者に会いに行きましょう!どこに外国の送り出し機関です。
ベトナムになるのでしょうか?
今後は3年でいいのか、5年を目指してくるのかの話し合い、見極めも必要です。


・住の確保
次は、寮を整備しないと行けませんね!
それが、あまりに賑やかなところはお金を使ってしまうと不平が
出るのです。日本人と逆ですね。

・賃金設定
給与(研修期間中は研修費)を定めないと行けません
当然、することも決めないと行けません、労働ではありませんよ、技能実習です。

□就労ビザの場合

・候補者選び、住の確保までは技能実習生と同じです。これも将来、ずっと日本で活躍したいのか?(究極は永住権獲得まで目指すのかの聞き取りが必要です)

・賃金設定 これも同じなのですが、こちらはまさにプロフッショナルで呼ぶのですから、それなりの賃金設定が必要です。

・ビザ申請体制の整備 この資格に基づく方は直接呼べますが、その分、入管を通す申請書知識が必要になります。
通常、事務をされる方は国際業務となります。単純な製造で呼ぶ資格は今ありませんので技能実習生頼みとなる訳です。

その他、インターン制度、ワーキングホリデーという制度がありますが機会があれば紹介します。
いずれにしても上記の2つがメインです。


MENU

会社概要

ものづくり補助金情報中心(センター)
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403