補助金キラーサイト ものづくり補助金情報中心(センター)

ものづくり補助金2次公募アドバス


 

 

 

2次公募アドバイス

2次募集で事業期間が短く悩んでおられる方が多いと前回書きましたが、決して申請数は落ちません。

逆に採択されてからの取下げ率は上昇するでしょう。

今回、経営力向上計画、経営革新計画、先端設備導入計画が重視された気配があり、非製造業の場合はどれかをとっていないと勝負にならないでしょう。

決して、申請数が落ちないと書いたのは取下げ覚悟で、考えているものづくり計画が認められるのか(1次不採択再挑戦も含めて)確かめたい事業所が多いからです。

 

 

 

 ものづくり補助金 H30申請マニュアル

 
・改訂公募要綱をどうよむか?(競争率の変化)
・企業間データ連携型をどう読むか?

など、解説しています。

H30年ものづくり補助金対応申請マニュアル

定価 5,000円(御購入者のみ申請書添削を20,000円で承ります)問合せはここ

発売日 H30年1月10日

限定数 50部

PDFフアイル 15P

入金後の発送になります。

 

申請数が減少が予想され競争率が楽になるとい思うのは間違った見方です。

 

 

H30ものづくり補助金    申請書書き方マニュアル  

定価 5,000円

 

内容:現在至るまでの採択の総括(採択数、計画名、県別状況)

・審査トレンドの変更

 
 

・審査要綱評価要素をどこにどの様に書くか

・上記の申請書式アドバイス

・事業計画書の作り方

当社の商材・サービスを活用して貰ってもうまくいかないケースも明示しておきます。

当社に申し込んでもらっても100%ではありません。
・プランのない人はかけません。
・決算状況などが明らかに悪い会社

ここで当社「ものづくり・補助金申請書書き方マニュアル」の強みを申し上げます。

を紹介します。

3つ商材メリット

・どこが採択の分かれ道かのポイント明示(まず、制度改訂の意味を理解)
・不採択になってしまう書き方の3類型(次にこれを避ける)
・評価されるところを漏れなく織り込んだ記入事例(そして書き出す)

これでも不安な方のためにメール添削のサービスを準備しています。以下のような実績で実証されています。

問合せはここ

 

  

 

MENU

会社概要

ものづくり補助金情報中心(センター)
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403