人材開発支援助成 職場定着支援

075-957-1487

補助金キラーサイト ものづくり補助金情報中心(センター)

「中小企業戦略の新理論」3 内容解説


2017年、第二巻の書籍では、戦略策定の方法を解説

第二巻でも政府施策の法則性を補完

 

1. 内容主義の申請が増えている

 

 従来より、経済産業省系当(中小企業庁)は、申請書に内容を書き、その内容で審査する内容主義、その他の省庁は企業概要や計画を事実通り書く要件主義でしたが、近年、他省庁にも内容主義の申請書が増えてきています。

国の財政が逼迫していることや、補助金・助成金は支出した後に、効果性を問われることより、合理的な流れです。

では内容主義の申請とはどのようなものなのでしょうか。何の内容を書くかと言うと「想ふ」こと、すなわち、戦略です・・・

 

2.足し算理論と引き算理論

補助金は基本的に、売上を生み出すための施策という意味で、足し算の理論です。

ここで、引き算の理論の補助金がひとつ出てきました。2015年より補正予算で大きな予算が積まれた省エネ促進補助金です。(エネルギー合理化使用補助金というのは従来からありました)なぜ、引き算の理論かと言うと、目的がコストの削減にあるからです・・・

 

3.施策アクセントは予算要求に反映

 

施策のスキームが理解出来たら、次年度の施策の内容とアクセントを見るのが予算要求です。

4月からが新年度ですが、秋に各省庁の概算要求として発表されます。

ここで、予算額の変動とスポット的な予算を見ます。

予算には2通りあり、

・前年度の補正予算

・新年度の本予算

です・・・

 プレリリース「中小企業経営戦略の新理論」

〜リスクを低減のための8戦略の解説〜

 9月1日発売

  

 

なお、上記の内容は既に動画で解説しています。

VOL1 ここ VOL2 ここ VOL3 ここ

 

 

 

「補助金・助成金獲得の新理論」〜各種申請書のモデル記入事例解説〜

予約ページはこちら

良く出る補助金・助成金の申請書書き方を記入事例で解説しています。

ものづくり補助金・経営力向上計画・経営発達支援計画・サポイン補助金・キャリアアップ助成金など幅広く、なぜそう書くのかを理論解説しました。

内容
・今後の補助金・助成金予測
・補助金・助成金の新たなスキーム
・経営革新の進め方(書き下ろし)
・助成金比較表

以下今回の販売枠です。予約ページはこちら 
2,500円(税別)で、第一版 限定200部です。

5月末発売予定ですので印刷遅れなど特殊事情はご容赦ください。 

2大特典付き

・どの会社でも取れるマル秘補助金の情報

・8月発行「マーケティングの新理論」割引&予約券