人材開発支援助成 職場定着支援

075-957-1487

補助金キラーサイト ものづくり補助金情報中心(センター)

プレリリース 「中小企業戦略の新理論」 〜リスクを下げる8戦略の解説〜


2017年、第二巻の書籍では、戦略策定の方法を解説

タイトル 「中小企業戦略の新理論」

〜リスクを下げる8戦略の解説〜


国の戦略策定申請制度

まず、国の戦略策定申請制度を解説します。

1.経営革新法申請
 
2.知的資産経営報告書

まず、この知的資産経営報告書が今後重要になる背景を説明します。金融機関で、これを担保に融資という流れが強くなってきます。
昔は「技術担保」と言いましたが、今はもっと広く深い概念で「知的資産担保」と言います。基本的に書式の定めはありません。

3.新連携申請 ここから連携での申請制度ですが、これはどちらかというと流通業向けです。

4.特定ものづくり研究開発認定
これは、当然技術系の製造業務向けで、多くは大学連携です。
サポイン補助金の申請の前提となるものです。


戦略策定書の使い方

ここでは、プラニンニングの仕方を3類型で説明します。
・簡易事業計画書
・経営革新法フオーマット
・知的資産経営報告書
・簡易事業計画書
の3種類でそれぞれ目規制が微妙に違います。

・簡易事業計画書
これは金融機関への借り入れの主意書を想定しています。
これの作り方を知らないと事業資金がショートしそうな時を乗り越えられません。この戦略を練るということを目的性とした2つのツールに対して、お金を借りるということを主目的としたのが簡易事業報告書です。
このツールの策定のポイントをひとことで言うと「過去の反省と今後の行動計画の一致」です。
この言葉がの意味が分からない人はなかなか借入をさせて貰えません。

・経営革新法フオーマット
・知的資産経営報告書
の2つは、過去の歩みの中で培ってきたコア技術を今後の展開に生かし活路を求めていくというものです。
そのプロセスの中で
・経営革新法の方が多少未来寄り
・知的資産経営報告書の方が過去の歩みから知的資産を洗い出すという意味で多少、過去の経緯寄りということが言えます。
難易度の高いの知的資産経営報告書の方で、知的資産を言葉化、数値化する際に高度なテクニックを要します。
時代の変化が大きくなるほど経営革新法の方が重要度が上がってくるということが以上の説明から理解できるでしょうか?

作成後に見せる相手として

(1)取引先

(2)後継者・新入社員含む教育目的

(3)金融機関

等があります。

相手先から考えて強調すべきは(次頁以降の参考書式と照らし合わせてください。)

(1)取引先・・・自社の強みの宣伝と今後の戦略のプレリリース

(2)後継者・新入社員含む教育目的・・・STORYとしての自社の強み

(3)金融機関・・・今後の経営戦略、特に目標数値

となります。

 

実際の経営策定ツールを記入アドバイス付きで例示します。

 

「補助金・助成金獲得の新理論」〜各種申請書のモデル記入事例解説〜

予約ページはこちら

良く出る補助金・助成金の申請書書き方を記入事例で解説しています。

ものづくり補助金・経営力向上計画・経営発達支援計画・サポイン補助金・キャリアアップ助成金など幅広く、なぜそう書くのかを理論解説しました。

内容
・今後の補助金・助成金予測
・補助金・助成金の新たなスキーム
・経営革新の進め方(書き下ろし)
・助成金比較表

以下今回の販売枠です。予約ページはこちら 
2,500円(税別)で、第一版 限定200部です。

5月末発売予定ですので印刷遅れなど特殊事情はご容赦ください。 

2大特典付き

・どの会社でも取れるマル秘補助金の情報

・8月発行「マーケティングの新理論」割引&予約券