人材開発支援助成 職場定着支援

075-957-1487

補助金キラーサイト ものづくり補助金情報中心(センター)

大好評、助成金マニュアル、次刊は職場定着支援助成金


まずは、業務改善助成金マニュアルを多くの企業・コンサルタントにご購入いただきまして、ありがとうございした。

実は、この種のマニュアルは他の先生も無料で、「撒いて」おられます。

そのような中、有料でも購入いただけると言うことは当社の

・経営戦略と以下にクロスさせていくか?
・所管から出ている公開情報の意図をどう読むのか?
・取り入れる際のデメリットもあえて知りたい
と言うコンテンツを読みたいというお客様が多くおられると言うことで嬉しい限りです。

次は職場定着支援助成金です。最初に「びびらせて」おきますと、業務改善助成金よりぐっと難しくなりますが、最難関のキャリア形成助成金よりはまです。

解説動画でも語っているのでが、なぜ、経済産業省系より厚生労働省助成金の方が難しいのかをまとめておきます。
どのような動きが今起こっているかと言うと、ハローワークのキャリア教育部分の民間への外注です。

そのため、職業能力開発体系図やジョブカードというものがこの助成金について、民間におりてきているのです。
これは、オフイシアルなものなので、企業独自の考えで作ることはできません。
その勉強から入らねばなりません。まず、その難しさが一点

次にそのフレームワークを企業に取り入れようとすると(これを制度導入と言います)就業規則→労働基準法に関係してきます。

これをしますと言う旨の労働協約も必要になってきます。

加え、最近問題になってきているパワハラの問題より、研修等で受けさせたい人、受けさせたくない人のより好みをしにくい設計にしてあります。

これまで、ものづくりを中心とする経済産業省系の補助金は設備を梃にした企業の成長を狙うものでした。設備は感情を持ちません。

しかし、この厚生労働省の助成金は人材→人の感情を梃に企業の成長を狙うものです。だからややこしいのです。

ここで、助成金で比較してみますと
業務改善助成金は、経済産業省系と似ていて、投資対象は主に設備でした。
条件もあまり反対されることが、予想されにくい最低賃金の向上でした。

次回発刊の職場定着には、ややこしいとした制度設計が入ってきますので、その分、難しくなります。

ただし、ややこしい一番手に持ってきたジョブカード等はまだ入ってきません。

この助成金になりますとコンサル会社は制度導入だけで100万と営業してきます。
しかし、制度導入するからには
・労働者に周知して
・実際運用しなくてはなりません。
・加え、自社の都合のいい人にだけ受けさせるというのもやりにくくなります。

安易に、ただで100万円コースに乗ってはいけません。

職場定着支援助成金の問い合わせコーナーはここにリンクを貼りますが、まだ出来ておりません。9月30日発売の予定です。

***好評発売中、助成金シリーズ第一刊***

    

時代は、経済産業省補助金から厚生労働省助成金へ!

業務改善助成金とは

・ハード経費も可能  ・MAX200万 ・条件は最低賃金の向上

 

9月20日発売!予約可能

 800円

限定100部

  
経済産業省系マニュアルよりお安くなります。

これからものづくり補助金の方は一段落して、設備を梃子にした経営の高度化から、人材を梃子にしたものへという時代になります。ものづくり補助金は獲得すべきは、獲得し、申請数も下がりだしました。
なくなることはないにしても、予算は縮小していきます。

しかも、基本的に当たるのは製造業ということで50万社/500万社の10%でした。
今後そのつぼを解説していく厚生労働省助成金は、商業・サービス業を初めとする全産業を入れた仁義なき戦いになります。

厚生労働省系の助成金マニュアルについて

・当社のスタンスとして、企業のあるべき毀損戦略との関係性を解説して、オーソドックスな戦略路線を崩さない。

要するに獲得のためのテクニック集にはしないと言うことです。

・経済産業省系のマニュアルよりお安くします。それは、厚生労働省の助成金申請の際の審査は内容主義ではなく形式主義であるからです。

業務改善助成金戦略的取り入れ手順書マニュアルでは
助成金活用が重要になる背景
助成金活用に取り組む基本線戦略
・位置づけ
・助成金本旨
・取り組む前に
業務改善助成金とは
申請書書き方
時短・生産性向上ノウハウ
この助成金絡みでよくあるトラブル

 

動画リンク制です。 問い合わせはここ