人材開発支援助成 職場定着支援

075-957-1487

補助金キラーサイト ものづくり補助金情報中心(センター)

厚生労働省助成金の戦略構築の視点・ものづくり補助金と経営力向上計画


厚生労働省助成金の視点

まだまだ、個別助成金の話には入らずに、考え方を述べることにしました。上記のそれは、厚生労働省のサイトを見れば済むことだからです。

設備投資の視点

これは、ものづくり補助金とも共通して言える事なのですが・・・

良く読んでください。

厚生労働省側の種類で言いますと、

職場意識改善助成金・・・テレワーク関連の設備

業務改善助成金・・・時短に関する設備

受動喫煙防止対策助成金・・・喫煙ルームなど

が代表的なものです。ここで、申請の内容が専門的になると、コンサルタントではなく、設備業者に申請の代行を頼むと言うことが多々あります。

コンサルタントに頼むと成功報酬で成功額の1〜2割取られるのに、設備業者は無料だった。得した、我が社は賢くやっている。

その感想は全く間違いです。

 なぜただでやってくれるかというと設備代金に乗っているからです。ものづくり補助金に関しても全く同じ構造があります。

上記のうち、受動喫煙防止対策助成金のここ3年の実績、多くやっている県は116件、少ない県は1件、おかしくありませんか?

これが、そのコンサル費用に収まっているうちはまだかわいい方で設備額、すなわち、補助金額にまで、関わるような、上乗せ金額がある場合は、補助金効果も薄まっています。こういうことを防ぐのは知識です。こういうことがあるのだとここで知ればいい訳です。

この国では様々な格差があります。その中で一番悲惨なのがこの情報格差です。

これを読んでいる行政の所管の方は「そんなことはない、見積もりでチェックしている!」と反論されるかもしれません。

私は大きな声で申し上げます。「それでもそういう上乗せの世界が厳然とある!」


雇用に関する助成金の場合

雇用についての人件費補填のさまざまな助成金があります。

これは多岐にわたりますので助成金名は省略します。

ここで、将来、経営に関わる人材(高度人材と良く言います)までも、助成金活用で雇用しようというケースがあります。

実態として、それはうまく行きません。

特に、規模の大きい会社⇒リストラ・早期定年⇒中小企業へという流れは、まず、うまく行きません。

会社の経営陣を育てると言うのは別の流れと思ってください。そして、社内で育てるべきだと付け加えておきます。

 

創業にかかる助成金について


生涯現役起業支援助成金という助成金があります。

昔は若年でもでました。

高齢者が共同で起業すればというのもありました。

ここで、冷静にロジックで考えて見ましょう。

経済産業省にも創業補助金があります。経済産業省の本旨はビジネスの芽を育てたい、創業率を上げたいというものです。
これは、理由と施策が合致しています。

厚生労働省の方はどうでしょう。解説してきたように雇用の促進、この裏面がハローワークのホルダーを減らすというものです。

ハローワークのホルダーを減らしたいだからビジネス(創業)をせよというのは理由と施策がおかしいのではないでしょうか?

実態もそのとおりで、これを活用した創業等うまくいっている方がレアケースです。

少なくともプランの内容を審査する創業補助金の方を活用すべきです。

 

 

ものづくり補助金追加公募と経営力向上計画

思いの他、早くメルマガを復活することができました。

 

こんなところで、100社のみ採択で追加募集措置がなされました。

これは

・加点条件になっている経営力向上計画の周知

・明らかに選挙対策です。

まず、当社では経営力向上計画をなめたらあかんよと言って来ました。

予想は当たり早くもものづくりに組み込まれました。

策定の意味合いも無料で配布してきました。

ここ

15日発売で、書き方マニュアルも整備します。

多分、これを見ないと書き方は分からないと思います。

それは利便性テストにより書式があまりに簡略されているので逆に何を

どう書けばいいのか分からないでしょう!

 

後者の選挙対策と言うのはあまりに多くの不採択先を出したので、見捨てた訳じゃないのよ

という訳です。

追加募集に真剣に挑むのはいいでしょう、真剣に望んではいけません。

100社⇒県に2社では宝くじです!

経営力向上計画の認定を取っていないと勝負にならんでしょう!

 

経営力向上計画申請書記入マニュアルの発売について

〜ここはこう書け!〜

ものづくり補助金、創業補助金から一貫してアドバイスしてきた当社だからこそのノウハウです!

規格 PDF10頁 

限定 50部限り

定価 3,000円

発売日時 7月15日発売

既に経営力向上計画の真の意味は無料DLで出しております。ここ

追加募集のものづくり補助金は全国で100件ですのでこれを出していないと採択は不可能と思われます。

しかし、直ぐに経営力向上計画を出す人がいるかというのも疑問であり、これはある意味やる気のある人だけに与えられたチャンスです。

(これは、経営革新計画がものづくり補助金で大きな加点項目であるにも関わらずイコール補助金では無いので以外に出す人が少ないところからの予想です)

問合せはここ

経営力向上計画の作り方 内容

ゞ伴鏖歛蠅鬚匹考えるのか?

⊃靴燭淵咼献優垢硫蠅魄蕕討

A澗離侫ーマットはこうなる

ざみを考えよ

ィ咤圍錬劭戮鮃佑┐

指標の考え方

・リストラはだめ
・低賃金長時間労働もこの比率を下げる

Γ烹藤辰鮃佑┐

Д轡淵検叱果を考えよ

┗薪昌餠發了蚕佇法

当社フオーマットで書き出そう