人材開発支援助成 職場定着支援

075-957-1487

補助金キラーサイト ものづくり補助金情報中心(センター)

中小企業施策活用大学・経営力向上計画・先生業への謝恩祭など重要情報満載です!


中小企業施策活用大学のカリキュラムについて

5月末にスタートする動画活用の中小企業施策活用大学のカリキュラムです。
補助金活用の新理論と合わせ研究いただくとパーフエクトとなります。

中小企業経営者の学ぶべき「実学」を基本主旨としています。
(会社内担当者が学んでいただいても結構です。)

第1講 中小企業施策の基礎理論
・中小企業支援施策の体系
・中小企業対策の基本公式

第2講 ものづくり企業概論
・製造業が向かうべき方向性
・製造業が取るべき戦略

第3講 経営革新概論
・経営革新の定義
・革新的サービスの考え方

第4講 再生支援論
・現状の再生支援スキームの問題点
・活路開拓の手法

第5講 支援策のバリエーション
・特定ものづくり法認定
・サポイン補助金
・新連携補助金
・資本制ローン
・SBIR制度

第6講 戦略の潮流論
・IoT・ICTなどの新潮流
・海外マーケットの取り入れ
・知財戦略

第7講 ベンチャー・創業論

無料の簡易資料を22日日曜日にアップします。

個別フオローしようと思いますので、入学数に限定数を設けます。

企業経営者・企業担当者・設備業者・先生業別の提出レポート課題も設けます。

無料DL 経営力向上計画とは?

METのサイトを見ると閣議においては決定がなされています。
これだけは言っておきます。
これを甘く見ていたら「えらい目」に合います。
今、政府の策は、対企業に於いても、地域においても、プラン・プラン・プランでプランなきところには手を差し伸べない飴と鞭政策になってきています。

夏から秋にかけて施行されます。

この制度がなぜ重要かを無料DLにまとめました。ここです。

制定の条文は以下の通りです。

労働力人口の減少、企業間の国際的な競争の活発化等の経済社会情勢の変化に対応し、中小企業・小規模事業者・中堅企業(以下「中小企業・小規模事業者等」という。)の経営強化を図るため、事業所管大臣が事業分野ごとに経営力向上のための取組等について示す指針を事業所管大臣において策定するとともに、当該取組を支援するための措置等を講じます。


補助金獲得の新理論

加筆部分を無料DLにまとめました。

是非お読みください。


IoTコース、最新モデルコースの解読も行っています。
今から勉強しないと来年に申請間際で慌てても手遅れになります。

加筆部分は
補助金獲得の新理論の追加

 採算性の事業区分の重要性

 革新的サービスについて

 補助金の法則

 これから生き残る企業類型

 IoTコース・最新モデルコース創設の意味と申請書の書き方

 代筆問題とトラブル類型

 審査スタイルのトレンド
です。
無料DLはここです。無料DLは今回加筆部分の解説です。

先生業への謝恩祭

当社のお客様は4分の1が、先生業と設備関連の業者様です。
そこで、今回、顧客アドバイスに熱心な先生方に日頃の謝恩の意味を込めて、企画を打ちます。

A商品かB商品どちらか無料で差し上げます。

A 経営力向上計画の策定マニュアル(営業法付き)→秋に始まるこの制度の助言も、認定機関の仕事となりそうでのすが、ノウハウがなければ、出来ないでしょう。
飴と鞭、あるいはプランありきの政府ビジョンでは、これがなければ、借入できない時代が来ることも想像されます。

B 先生業のDM戦略講座 →まさに当社の戦略である役に立つ情報を先にどんどん出して、顧客側から当社へアプローチして貰う方法を解説しています。

当社の商材を過去に購入いただいた先生にこちらからお問い合わせいたします。

まだ、商品未購入の先生は、20日に発売する「補助金獲得の新理論 改定版」をご購入ください。
読んで損にはなりません。\2,000円です。問い合わせはここ

 

 

補助金獲得の新理論 改訂版発刊のお知らせ

   

改訂後のバージョンで、5月20日に発刊します。

問い合わせはここ

定価:2,000円 5月20日発刊 PDFフアイル150P

限定:全国で100部

旧バージョンの補助金獲得の新理論ご購入の方は50%OFFの1,000円で提供させていただきます。

内容

 キャッシュフローとの関係性        
        
補助金申請のコンテンツアップ法        
        
典型的トラブル事例        
        
今後の補助金の方向性        
        
地域と補助金の関係性 

 申請書記入事例 

解説補助金 ものづくり補助金 IoTコース、最新モデルコースの考え方        
創業補助金、持続化補助金        
省エネ促進補助金、知財関連        
サポイン補助金、経営革新        
特定ものづくり研究開発認定        
SBIR制度、海外関連補助金

今回、内容の加筆分は
・最近の審査傾向のトレンド
・理論部分の加筆(充実)
・補助金鉄則の追加(下に抜粋で紹介しています。)
・各種補助金については、新書式の記入事例に更新
などです。

問い合わせはここ

 

  

この補助金獲得の真実については、このコラムやこのマニュアルでしか、読めませんと、自信を持って申し上げます。