補助金キラーサイト 西河経営・労務管理事務所

創業スクール!第7講 運転資金と設備資金 TUBE&マガジン連動企画


まずは動画をご覧ください!

 

 

 

創業スクール 第7講 運転資金と設備資金

TUBE&マガジン連動企画

 

(創業の方の補助金措置は年度内に何らかの措置があるのではないか?との情報もあります。)

***本編***

2014年の創業申請書から、資金計画表が付きました。
これは、2013年の採択者が資金繰り面でうまく行っていないことが予想されます。

その表で問題となるのは運転資金の欄です。
ここが埋まらずに申請にいたらかなった人は多いと思います。

所要の運転資金というのはどの様に算出したらよいのでしょうか?

お金の出入りを考えてみましょう。

収入 売上げ

支出 仕入れ代金、経費の支払い、給料の支払い、税金の支払い、生活費

などなどです。
これの出入りが繰り返されるなかで資金ショートしないようにということで、
もうひとつの考える要素は自分の手持ち資金です。

りなくなる前に、金融機関などで手当しないといけないことになります。

現金商売の人は、日々の入金額を予想して資金繰り計画を考えれば良いのですが、売掛け金が発生する商売の人はその貰えるまでの期間(サイトと言います。)を資金繰りに加味する必要があります。

また、店舗である商品のラインナップを展示して販売する人は初期に在庫投資が要ります。

在庫投資しなくてはならない商売はそれを仕入れてから販売するまでの期間がありますので、これも資金繰りに関係してきます。

ここで、運転資金と言うのは1カ月で見て入金と支払いの前後を考えて、1カ月の支払資金の1.5カ月分程度と言われています。

ここで、注意すべきは、ランニングし出した段階で1月の期間の中では、入金出勤の前後で一時的に残高が減ることは想定されますが、数カ月にわたって残高が減り続けているケースでは、商売のやり方自体を見直さないといけません。

儲かっていないということです。いや、商売することによって赤字になっているということです。

次に設備資金ですが、言葉通り設備(資産)に当たる分の資金です。

これは、申告するとき(決算書を作るとき)減価償却分だけしか経費で落ちません。

資産に上がるということです。(一括償却資産ということで少額の資産は落とすことも出来ますが)

初年度は決算書上も資金残高においても赤字になるのが普通です。

これを翌年度決算以降に(利益との)相殺で使おうと思えば、青色申告することが条件になります。

青色決算・・・複式簿記をして、損益計算書、貸借対照表を同時に作ること。

<<講義メモ>>

 

 

 

***新講座情報***

 

10月20日(月)有料レポート「2015年創業補助金対応 創業スクールテキスト」を発行しました。

***

2013年から始まったこの補助金制度の全てがここに!

 

PDFフアイル60P

電子データとして送付します!

内容は

2013年より始まった創業補助金の総括

創業補助金採択、不採択の類型化
・当社発行の記入事例マニュアル(コース別)
・創業者借入(日本政策金融公庫、保証協会制度融資)対応
・求人の仕方

・秋以降の創業者のあるべき戦略
・来年度、補助金等の概説

当社発行の記入事例マニュアルは3タイプとも採択実績があります。

一般販売価格5,000円

 

60ページの大増筆になっております。

今回はSkype質問券つきです!

 

 

現段階で来援大型補正予算による、今年同様の補助金公募があるかどうかは未定です。

申し込みは一番下をクリック!

 


悔いの残らないように、最善の手を・・・

創業補助金は誰かよく申請の仕組みをよく知っているものが強力にアドバイスしないと通りません!

 

 

***出揃った2016年の補助金申請ノウハウマニュアル***

早めの準備が他を制す!

省エネ促進補助金関連

コラム
H27 総括1  (動画付きになります)

無料ツール  「製造業から見たものづくり補助金と省エネ促進補助金の比較」

有料ツール 11月27日発売

「H27年総括&H28年対応 省エネ促進補助金アドバイスマニュアル」

7,500円 100部限定


ものづくり補助金関連

コラム  H27 総括1  総括2 (動画付きになります)

無料ツール
「アドバイスマニュアル」から以下の抜粋要約」
有料ツール「H27年総括&H28年対応 ものづくり補助金アドバイスマニュアル」

  5,000円 100部限定

創業補助金関連

コラム H27 総括1 総括2 (動画付きになります)

無料ツール   「創業志望者が解けないといけないクイズ」
有料ツール
「H27年総括&H28年対応 創業促進補助金アドバイスマニュアル」

  5,000円 100部限定

持続化補助金関連

コラム 総括1   (動画付きになります)

無料ツール

「連続でも狙うべき事業所パターン/100万増枠コースで一考」

有料ツール 11月19日発売予約化

「H27年総括&H28年対応 持続化補助金アドバイスマニュアル」

5,000円 100部限定

下のリンクは創業補助金の有料マニュアル分です!


MENU

会社概要

西河経営・労務管理事務所
京都府乙訓郡大山崎町円明寺北浦2-6、1-403